誰かが止めない限り受け継がれる愛情飢餓の世代間連鎖

誰かが止めない限り受け継がれる愛情飢餓の世代間連鎖

対人恐怖症アダルトチルドレン、依存症、自殺衝動、うつ等で苦しむ子供が抱えている問題として世代間連鎖による愛情飢餓感があります。

Acid Black Cherryの「少女の祈りⅢ」という歌がこの問題を抱えた娘の心情をリアルに表現していてわかりやすいなと思うのですが、最後は愛に飢えていた娘に子供ができて生きる意味を見つけたという内容で締めくくられています。

Acid Black Cherryさん『少女の祈りⅢ』の歌詞

しかし、これは新たな世代間連鎖の始まりでしかありません。

愛に飢えた親は子供に愛情を注ぐことができないからです。

どうやって子供に愛情を与えればいいかわからない、そもそも愛情を注ぐってどういう感覚なのかわからない。ここで登場するのが過干渉、過保護、放置、友達親子ですね。

結果的に大嫌いな母親がしてきたように自分も愛情を与えない子育てをしてしまう。

そして、子供の成長とともに映し出されるのが大嫌いな母親と自分が似ているという事実。

あんな親には絶対になりたくないと誓っていたはずなのになぜ同じようなことをしてしまうのかと葛藤を繰り返して苦しみます。

そうこうしているうちに子供は思春期を迎え自分から離れていく。

せっかくいてくれた子供という自分の存在意義が離れていくことへの不安。

自分は何のために生きているのか、今更ながら考えさせられるのです。

子供は子供で小さい頃は親に愛情を求めるサインを出すのですが、親が与えてくれないとわかると愛情に固執するようになります。

得られないと思うから愛情に執着して「愛されたい」と異常なほど求めるようになり、ありのままの自分が愛されると思えないまま無価値感を抱えて満たされない毎日を過ごします。

そして、親と同じように「愛されたい」という気持ちに翻弄されて生きることになってしまうのです。

愛情飢餓の世代間連鎖は誰かの代で止めない限り、延々と続いていきます。

ただ、頑張って親に訴えかけても愛情を注いでくれない可能性が非常に高く、誰かに満たしてもらおうとすればするほど関係を破壊して余計に満たされなくなる危険性が出てきます。

外に求め続ける限り愛情飢餓が根本的に解消されることはありませんので、カウンセリングを受けながら自分で自分を認めて自分を愛せる状態にしていくことが必要となるのです。

非常に大変なことですが、気付いたなら自分の代で止めるようにしていただきたいと思っております。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ