頭ではちゃんと答えが用意できているのに話しかけられると思うように言葉が出ない、頭に浮かんでいる内容を相手に伝えることができないと悩んでおられる方からご相談いただくことがあります。

脳の病気か何かと思う方もおられますが、対人恐怖症の一種である雑談恐怖症の症状によるものがほとんどです。

この症状に陥ると仕事上必要なやり取りがスムーズにできず支障をきたすことも多いため、できるだけ早く対処することが必要かと思います。

頭で考えてることが上手く喋れなくなる原因とは?

1.自分の考えや気持ちを言葉にしていない

普段から自分の考えや気持ちを口に出しているかどうかは影響します。

なぜなら、頭の中に浮かんだ言葉はそのまま口に出すことができず、相手や状況に合わせた言葉を選択しないといけないからです。

いつも頭の中だけで考えている状態でいざ話すとなっても、どの言葉で表現すればいいかパッと出てきません。

説明が苦手だからと避けていると説明ができなくなってしまうこともあります。

2.相手に気を遣いすぎている

頭に浮かんでいる言葉が出せないというのは、相手に気を遣いすぎているからというのもあります。

「この言い方で大丈夫かな」「こんなこと言ったらおかしいと思われるかも」等と余計なことを考えるから素直に言葉が出ない。

仕事中であれば相手が忙しいんじゃないかと気にし過ぎて話しかけるタイミングを逃すことも多々。

「自分が話したい、話さないといけない」という気持ちより、「相手にどう思われるか、相手がどう思うか」が上回ってしまっているんですよね。

気を遣う度合いが強い人になれば、発する言葉だけでなくあいづちの仕方や表情まで気になっています。

3.固定観念に縛られている

お客様には敬語をキッチリ使わないといけない、相手に失礼なことを言ってはいけない、わかりやすく説明しなければならない等と生真面目に考えていると、話すときに変な気負いが出てきます。

気負いは力み、緊張につながるため、会話する上で重要な役割を担う脳の働きが低下して、頭の中に浮かんでいたはずの言葉が消えて喋れなくなるのです。

自分で勝手にハードルを上げている状態なので、周りからは「もっと普通に話したらいいのに」と言われることもありますが、ほぼ無意識でやっていることなので問題だと気付けないまま放置してしまいます。

4.失敗経験によるプレッシャー

上手く話せなかったという失敗経験を何度も繰り返すことで、また失敗したらどうしようという予期不安が高まります。

失敗したとき誰かに指摘されたなんてことがあるとより一層不安が高まって大変です。

「今度は上手く喋らないといけない」「相手に伝わるように話さないといけない」等と自分にプレッシャーをかけてしまい、余計に緊張して上手く話せなかったという結果になります。

そして、また「今度こそは」と思って挑むのですが、さらに緊張して上手く話せないという悪循環を繰り返すのです。

頭で考えてることを上手く喋れるようにするために

まず普段から頭の中で考えていることを言葉にする習慣をつけることから。

紙に書くでも話せる人に話すでも独り言でもかまいません。

そして、次に大切なのは自分を知ることです。

カウンセリングを受けながら無意識に抑え込んでいる感情や固定観念に気付いたり…

「なぜしゃべれなくなっているのか」がわかってくるだけでも話しやすくなります。

自分を知れば知るほど自分のペースで話せるようになって「頭で考えていることを気づいたら話していた」ということが増える。

人と話していく中で繰り返す成功体験が失敗経験を塗り替えていくので、頭で考えたことが上手く喋れる状態になるのです。

コミュニケーション能力が足りないから、話すのが下手だからと思って、能力を高めようと頑張る方もおられますが、逆効果になる可能性が高いのでご注意ください。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら