人と話したあと後悔して悩むクセを直したい

人と話したあと後悔して悩むクセを直したい

人と会って話した後で会話の内容を思い出して後悔を繰り返すという状態で苦しむ方からご相談いただくことは多いです。

「あれは言わない方が良かったかも…」

「こうした方が良かったかな…」

「あのとき言ったことで相手に嫌な思いをさせていたらどうしよう…」

答えが出るはずもないことを何度も繰り返し考えて、不安になったり、自己嫌悪になったりと悩み苦しみます。

冷静になってから考えたらそんなこと相手は気にしないだろうと思えるのに、別れた後はどうしても気になって仕方がなくて考え込んでしまうのです。

「相手が自分のことをどう思うか」を気にし過ぎるから後悔する

人と話した後で後悔している方は、相手が自分のことをどう思ったかばかり考えています。

自分がどう思われるか、どう見られるかに対して異常に敏感なのです。

過剰に意識してしまうせいでメール一通送るだけでも何度も何度も分面を見返したりするのですが、裏返せばそれだけ自分に自信がないということが言えます。

自信がないから相手からの自分に対する評価を気にして、その評価に左右されてしまうのです。

人と会って話しているときは楽しいと言われる方もおられますが、その楽しいと思っているときですら相手から見た自分を常に意識しています。

自分を見失う悪循環から抜け出せなくなる危険性

相手から見た自分ばかり意識して過ごしていると、どんどん自分を抑え込んで見ないようになっていきます。

「自分がどう思ったか」

「自分がどう感じたか」

「自分がどうしたいのか」

「自分が何をしたくないのか」

といった本来であれば自然に考えるはずのことを考えなくなるので、自分のことがよく分からない状態になってしまいます。

自分が分からないからどうすればいいか分からない。

そうなると、相手から見た自分にすがって生きていくしかなくなる。自分を見失ったまま相手に合わせることを繰り返す生活をしていきます。

でも、本音は自分がしたいことをしたいようにして生きたいと思っていますので、抑え込まれた自分が悲鳴をあげて精神や身体に異常を知らせてくるのです。

人と話したあと後悔して悩むクセを直すために

今の状態を改善するためには、カウンセリングを受けて相手から見た自分を考え続ける流れを断ち、自分の本音を考える流れを作っていく必要があります。

抑え込まれていた自分の本音を考える流れができていく過程で、自分の中に軸ができ自信が生まれてきます。

自信を持てるようになってくれば、「相手が自分をどう思ったとしても自分はこうしたいからやるんだ」という相手の評価に左右されない強い考えが生まれ、相手が自分をどう思うかを考えることがなくなっていくのです。

ただ、ずっと置き去りにしてきた自分の本音と向き合うことは簡単ではありません。

自分自身で向き合おうという覚悟を持ってカウンセリングを受けることで、何とか向き合って解決へと向かわせることができるのです。

気持ちが落ち込んで動けなくなって生活に支障をきたしている方も多いですが、我慢して今の状態のまま過ごしていると悪化していくことにしかなりません。

取り返しがつかないほど精神や身体に異常をきたす前にカウンセリングを受けるようにしてください。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ