依存症に潜む対人恐怖症

依存症に潜む対人恐怖症

痴漢や盗撮などを繰り返してしまう依存症のカウンセリングをおこなっている中であることに気付きました。

それは対人恐怖症的な思考を抱えている方が多いということです。

痴漢や盗撮をしてしまう方の特徴の一つとして、自分からあまり話をせず思ったことを腹に溜め込んで表に出さないという面があります。

上司や妻、家族に言いたいことがあっても言えず、自分の中で押さえ込んだままイライラしたりすることでストレスを抱えます。

そのストレスが脳に悪影響を及ぼして、痴漢や盗撮といった犯罪を繰り返してしまうという流れです。

言いたいことがあるのに言わないのはなぜでしょう?

お聴きしてみると、

「相手がどう思うか、どう考えるかを考えるから」

といった内容の答えが返ってきます。

相手を主にして考えるからこそ、言いたいことがあっても言わないという選択をしているのです。

言うことで事を荒立てたくない。相手との関係を壊したくない。感情を表に出すことはみっともない。

人によって様々な考えや価値観がもとになってはいますが、相手や周りの人がどう考えるかを意識しているという点は共通しています。

依存の反対は自立です。

精神的に自立できていれば何かに依存することもありません。

自立するためには、まず本当の自分を知ること。

カウンセリングで隠し事も全てさらけ出して話しながら、依存症の症状の一つである否認性を改善していくことが必要となります。

否認性の改善と共に、自分がどう思っているか、どう感じているか、どうしたいのかに自分が素直に気付けるようになって少しずつでも表現できるようになってくれば、心に「自分」という軸ができて一人で立ち上がることができるようになるのです。

性癖や生活習慣、生育歴なども関わるため全員が全員当てはまるわけではありませんが、以上のことから、対人恐怖症は依存性とも関連性があるということは言えるかと思います。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ