自分を認める方法

自分を認める方法

「自分を認める」というのがどういうことなのかわからないという方が多いので、今回は自分を認める方法について書いてみようと思います。

「自分を認める」と言うと「自分の良い部分を認める」と解釈しがちですが、自分を認める上で大切なのは自分の影をいかに認められるかです。

影は他人に見せたくない側面のことであり、自分の嫌いな人、苦手な人、否定したくなる人、批判したくなる人に映し出されます。

相手の気持ちを考えない自己中な人に強い嫌悪感を抱く場合、相手の気持ちを考えない自己中な面が影として存在します。

感情のままに怒りをぶつける母親のようには絶対になりたくないと思っている場合、自分の中にある感情のままに動く面が影として存在します。

ナンパ師のような軽い男は絶対にダメだと思っている場合、自分の中にある性欲のままに動きたい面が影として存在します。

ダメだと思っているから相手のことも自分の中にある要素も否定して見ないように蓋をして自覚できていないケースも多いです。自分の中に嫌な要素があると思いたくはないですからね。

とくに親子の場合は生まれつき同じ性質を持っていることが多いので、否定すると自分の性質を否定することにもなって苦しみの度合いが深くなります。

○×をつけないことが前提

自分を認めるためにはまずジャッジしないことが必要となります。○でもなく×でもなく。

○×を付けていると自分の影に×を付けて否定してしまうことになりますので。

真面目に頑張るところもあるし、緊張して人と上手く話せないところもある。

ルールを守るところもあるし、完璧主義なところもある。

物事に対して深く考えるところもあるし、集中力がなくて飽き性なところもある。

人の目を気にするところもあるし、自己中で相手の気持ちを考えられないところもある。

世間一般や親の基準でこれが正しい、これが間違ってると物事に対して○×を付けてしまう癖がありますが、自分のことに対してはとくに○×という概念がありません。

自分を基準にして自分がどうかを考えたら○も×も付けようがないですからね。

自分を認めるために自分の中にある影を認める

影を認めるためには日々感じる自分の本音をマイナス面も隠さず見ていくことからになります。

他人の態度に苛立つこともあるでしょう。

幸せな人を見て妬むこともあるでしょう。

嫌いな人を批判したくなることもあるでしょう。

面倒くさいからサボりたいと思うこともあるでしょう。

親切にしてもらっても鬱陶しいと感じることもあるでしょう。

自分より劣っていると思う人に優越感を感じることもあるでしょう。

自分を少しでもよく見せたいと思うこともあるでしょう。

ワガママな考えを持つこともあるでしょう。

どうしても割り切れずに親を許せない気持ちもあるでしょう。

「自分はそんな人間じゃない、そんなこと思うはずがないんだ」と否定したくなる気持ちが出てくることもあります。

それでも、「たしかにそういう面もあるな」と自分の影と向き合い続けることが自分を認めることにつながっていくのです。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ