自信をつける方法

自信をつける方法

自信とは自分を信じること、つまり、自分との信頼関係を築くことになります。

信頼関係を築くために大切なことは何でしょうか?

友達との関係に置き換えて考えていただくとわかりやすいですね。

友達と信頼関係を築くにはどうすればいいか。

例えば、

  • 約束を守る
  • 嘘をつかない
  • 相手を思いやる

といったことが考えられます。

約束を守る

人との関係において約束を守ることは当たり前の話ですが、自分に対してもちゃんとできているでしょうか?

明日から筋トレをすると決めたにもかかわらず、「今日は面倒くさいからいいや」「今日は気分が乗らないから無理だ」と何かしら理由をつけて、ダラダラと携帯をさわってやらないのは自分との約束を破ったことになります。

自分がやろうと決めたことを言い訳せずにやる、これが自分との約束を守ることです。

ただ、大前提として守れるレベルの約束をすることも大切ですから、自分はどこまでのことができてできないかを知ることも必要となります。

嘘をつかない

これは信頼を得るためというより、信頼を失わないために最低限必要なことですね。

嘘をつく人は信頼できないですから。

自分に対して嘘をつかない。

これは自分の気持ちに正直になることです。

職場の人と仲良くなりたい、友達が欲しい、結婚したい…

自分の本音を誤魔化さずに向き合って、どうすればできるようになるか考えること。そして、必要な行動を起こしていくこと。

これが自分に嘘をつかないことです。

相手を思いやる

思いやるためにはまず自分のことにちゃんと目を向けることです。

自分が落ち込んでいないかどうか、疲れていないかどうか、頑張り過ぎていないかどうか等。

そして、どうすればいいか考えてやってあげるのが自分への思いやりです。

落ち込んでいたら落ち込んでいる気持ちに共感する、疲れていたら身体を休めてあげる、頑張り過ぎていたらペースを落としてあげる…

自分に厳しい人は自分を思いやるどころか、失敗を責めたりどちらかというと自分を追い込むようなことをしています。

自分に優しく思いやりを持てる人は、他人にも本当の意味で思いやりを持つことができますね。

自発的な行動をとって初めて自信が付く

以上のようなことを自発的に繰り返すことによって、自分との信頼関係(自信)を築いていくことができます。

逆に、反対のことをしてしまうと信頼関係は崩れ、信頼されなくなってしまう。

これが自分との間でも起こっているのです。

自信のない人は基本的に誰かの意見や世間の基準に基づいて行動しています。もしできなくても誰かのせいにできますからね。

しかし、そのままの状態ではいつまで経っても自信が付くことはありません。

自分で考えて自発的に行動した結果はすべて自分の責任になりますが、そのリスクを背負った中で行動を繰り返すことが自分自身を成長させ、結果として自信が付くことになるのです。

自信がない、自信をつけたいと思っているのなら、自分と信頼関係を築けることを少しずつでも続けてみてください。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ