対人恐怖症が克服に向かっているかどうかの判断基準

対人恐怖症が克服に向かっているかどうかの判断基準

対人恐怖症は「自分がどう思われているか」「自分がどう見られているか」という自己中心的な考えに基づいています。

たまに対人恐怖症の人は思いやりがあるなんて書いているブログがあったりしますが、他人を思いやる余裕があるなら対人恐怖症から抜け出せているはずなのでありえません。

他人を意識してはいますが、それは身勝手な主観での話であって相手の立場で客観的に考えられてはいないのです。

この自己中心的な考えから抜け出すために、「自分がどう感じたか」「自分がどう思ったか」「自分がどうしたいか」を拾い出しながら、自分自身を客観視していく習慣をつけることが必要となります。

そうすることによって、自己中心的な考えと距離が置けるようになって、冷静に自分の考えを客観視できるようになります。と同時に、他人とのかかわりにおいても客観視できるようになってどんどん自己中心的な考えから離れていくことができます。

ですので、客観視できるようになっているかどうかを見れば、以下のような感じで対人恐怖症が克服に向かっているかどうかを判断することができるのです。

対人恐怖症克服前 … 相手が自分のことを嫌っているに違いないと思う

対人恐怖症改善途中 … 相手は気にしてないと頭では分かってるけど嫌われているかもと不安になる

対人恐怖症克服後 … もしかすると相手は気にしてるかもしれないけど「まぁいいかな」と思える

この基準がすべてとは言えませんが一つの目安として考えていただくといいかなと思います。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ