内向的な性格を変えたい人が今のままでも会社で評価される方法

内向的な性格を変えたい人が今のままでも会社で評価される方法

人見知り、無口、おとなしい、暗い等と言われる内向的な人は、外交的(社交的)な人になりたいと思います。

外交的な人は誰とでも仲良くなれて友達が多く、話し上手で世渡り上手、コミュニケーション能力に長けていて明るい、プラス思考で小さなことで悩まない。内向的な人にとっては憧れでしかありません。

「自分もあんな風になれたらなぁ…」

羨望の眼差しで見つめながら、考えるたび外交的とは程遠い自分に嫌気が差すのです。

私自身も学生時代、めちゃくちゃ強く思ってました。外交的な人になりたい。なってモテたい、好かれたい、いっぱい友達欲しい…

社会人になってからも同じでした。パワハラ上司に上手く対応して営業成績抜群で、面白い話ができて、みんなから好かれてモテるあの人みたいになりたい…

ずっとずっと外交的な人に憧れを抱き続けていたのです。

でも、今は外交的な人になりたいかと聞かれたら「NO」と答えます。外交的な人になって本当に自分が幸せかどうか考えたら幸せだと思えないからです。

正直、活発に交流会等に参加していろんな人とかかわり続けるのはウザいですし、一人の時間は大切にしたい。家族との時間も大切にしたい。親族との交流も大切にしたい。その中で、友達や好きな人とのかかわりも大切にしたい。

幅広く人脈を広げて何かがしたいかと言われればしたいことはないし、それで自分の自由が奪われるくらいならなくてもいいかなと思っています。

今は自分の幸せ、自分らしさ、自分が何をしたいかが明確になってきているので、外交的になりたいとは思わないのです。

内向的な人が外交的な人より優れているというのは絵空事

ただ、私は内向的な人の方が外交的な人より優れているとは思っていません。

今の社会では、間違いなく外交的な人が得をして、内向的な人は損をします。

社会人経験が少ない理想主義的なカウンセラーは、「内向的なあなたは素晴らしく、外交的な相手がダメだ」という話をしたりしますが、現実の社会にそんな考えの会社はありません。

外交的な人は仕事をやっているアピールが上手いため、実際にはたいして仕事をしていなくても上司から評価を得られます。

しかし、内向的な人はいくらやっていてもアピールができないがためにやっていないとみなされて評価されず、仕事ができない人間だと見られやすいからです。

私自身、内向的であったがためにどれだけ損をし続けたか計り知れませんし、内向的な状態からモデルチェンジしたことで周りの劇的な変化を見てきました。

どれだけ潜在的な能力が高かろうが、表面的にそれが見えていないなら無いのと同じなのです。

内向的な人が周りから評価されるために何をすればいいのか?

内向的な人に必要なのは、そのままの自分が素晴らしいんだと我を貫くことでもなく、外交的な人になろうと変な努力をすることでもなく、その潜在的な能力を表面化させることです。

これをしないままでは、いつまで経っても社会では通用しない底辺に追いやられた社会生活を営まなければなりません。

そんな人生の何が面白いのか、楽しいのか、もし「自分は自分、優れた能力があるんだ」と実感できたとしても、今の社会では評価されずただひたすら不利な条件を飲むことになります。

内向的な人はアピールが下手であまり目立ちたくないと思いがちなので、アピールしなくても気付かれるほどスキルを高めることが一番かなと思っています。

仕事の全体像を捉えつつ、いかに効果を出すかを考えながら目の前の仕事に精一杯取り組み続けること。

最初から器用にこなすことはできませんが、試行錯誤を繰り返せば自分の中にノウハウを蓄積して自分にしかできない仕事の絶対領域を作り出すことができます。

また、全体像を見ながら仕事ができるようになると人とのコミュニケーションにおいても全容が見やすくなるため、相手を自分の望む答えに導けるようになっていきます。

内向的な人が外交的な人になることはできませんが、能力を表面化させて会社で評価されるようにはなれるのです。

外交的な人に内向的な部下の指導はできない

内向的な人は自分に自信がないために無意識に必要以上の努力をしますが、外交的な人はそういう努力をしません。

都度都度しょうもないことで失敗もしないため、失敗する人の気持ちが理解できず相手に実行不可能なアドバイスしかできないのです。「俺はこうやってできた、だからお前もやればできる」的な。

しょうもないことでつまづき、理解しなくてもいいことにこだわって要領よくできない、臨機応変にこなすことができないといった内向的な人の感覚は外交的な人には理解できません。

そもそものスタート地点が違いすぎるため、どうやったらできるようになるかを教えられないのは当然なんですよね。

でも、外交的な人はある程度能力も高く、表面上取り繕ったり、上司に気に入られる術も持っているため、教育する立場となる役職者は外交的な人が多くなっています。

そういう上司の下で働く内向的な人は大変です。

精神論や感覚で話をされ、自分と同じ目線で話をしてもらえませんからね。

外交的な上司のほとんどは、OJTという大義名分の下に指導を放棄しているというのが実態です。

中途入社したことがある人はご存知だと思いますが、OJTというのは名ばかりで指導できない役職者の責任逃れを助長するものになっています。

内向的な人は外交的な人になれない。逆を言えば、外交的な人は内向的になれない。

自分がどちらなのか、たぶんこの記事を読んでくださっている方は内向的な人だと思いますので、まずは内向的であることを自覚してください。

そして、憧れの外交的な人にはなれないことを知ってください。

その上で、内向的な特性を活かすための行動を起こしてください。

誰にも負けないくらい仕事や自分が好きなこと、興味あることに対して熱く真剣に取り組みましょう。

徹底的にやれば内向的な特性を活かし、外交的な人と同等もしくはそれ以上の高い評価を受けることができます。

これは実際に私がやったモデルチェンジであり、最終的に同僚だけでなく、上司や役員からも高い評価を得られるようになりました。

仕事への取り組み方や自分が好きなこと、興味あることがわからない人は、まずカウンセリングを受けてそれを知ることから始めてください。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ