苦手な上司と毎日接するのがつらくて仕方ない方へ

苦手な上司と毎日接するのがつらくて仕方ない方へ

苦手なタイプの人が上司で毎日変に気を遣ったり、相手の行動や発言にビクビクしてしまう。

話してみたら普通に話してくれるので嫌われてはいないと思うけど、どうしても気になって仕方がない。

仕事は毎日のようにあるわけですから、こんな状態で過ごしていると仕事をするのが本当につらい状態になってしまいます。

それでも無理やり頑張って続けていると、手が震え出したり、仕事中にもかかわらず涙が出てきたり、胃がキリキリと痛んできたりと身体が悲鳴をあげるようになってくるのです。

上司を苦手だと思ってしまう原因

パワハラやモラハラをしてくるような問題ある上司とでも上手く付き合える人もいるのに、そこまで問題ある上司でもなくても苦手だと思ってしまうのにはやっぱり何かしらの原因があります。

学生時代というのはどちらかというと苦手なタイプの人がいれば、かかわらないようにやり過ごすことができます。

例えば、同級生なら接点を持たなければいいだけですし、どうしても苦手な先輩が部活にいたとしても辞めば済む話です。かかわらないようにできないのは担任の先生くらいでしょうか。

そういった人付き合いの中で苦手なタイプと接することを避けてきた人は、表面上は友達と楽しく過ごしてきたとしても就職したときに苦手な上司に当たってつまづくことになるのです。

苦手な上司との接し方は経験でしか養えない

苦手なタイプの人と出会ったら避けてきたという習慣が根付いているため、苦手な上司との関係もどうやって避けるか、やり過ごすかということばかり考えてしまいます。

しかし、今の状況を改善するために考えないといけないのは、どうすれば苦手な上司と上手くやっていけるようになるかです。

そのために必要なことは自分を変えること。

自分のために上司が苦手なタイプから変わってくれればいいですが、そんなことはありえません。

現状を打破するためには自分を変えることがどうしても必要になります。

どうすれば自分を変えられるのか?

自分を変えるのは簡単ではありません。

ただ、今ある自分というのは、過去から積み重ねられてきた習慣によってできあがっています。

自分から行動をおこさないという習慣を続けてきた人は受身で人についていくタイプになっていますが、逆に自分から行動を起こす習慣を続けてきた人は自分から行動して人を引っ張るタイプになります。

人と話さないという習慣を続けてきた人は無口な人になりますが、だれかれ問わず自分の話をする習慣を続けてきた人は誰とでもよくしゃべるオープンな人になります。

一般的に性格と言われるものは、こういった習慣の積み重ねでできあがったものですから、今から習慣を変えていけば性格も変えることはできます。

つまり、習慣の積み重ねによって今の自分を変えることができるのです。

自分を変えるまでの期間は果てしない

「さぁ、今日から自分を変えよう」

と意気込んだとしても、変えられるのは最初の少しだけで時間が経つとまたいつもと同じ自分になってしまいます。

これは意志が弱いという問題ではなく、潜在意識(無意識)の問題です。

何年、何十年と続けてきた習慣によってできあがったプログラムは潜在意識に組み込まれていますので、自分の意志で変えようと頑張ってもそのプログラムに負けてしまうのです。

じゃあ、そうすればいいのかということになりますが、潜在意識のプログラムが書き換わるまで新しい習慣を続けるしかありません。

20年間続けてきた習慣の上に成り立っている自分なら、これから20年新しい習慣を続けることが必要なのです。

そんな年数かけてられないので他に良い方法はないのか?

たぶん、こう思うのが普通だと思います。

一刻も早く上司との関係を改善したいのに、何年、何十年もかけてられないのは当然ですからね。

かかる年数を短縮する方法はあります。

それは、カウンセリングを受けることです。

カウンセリングを受けることによって、過去の習慣を始めるキッカケに気付いたり、潜在意識に組み込まれた自分では気付けないレベルの習慣を教えてもらったり、今まで無意識に習慣化してきたことに目を向けて意識化しやすくなって、習慣に大きな変化をつけやすくなります。

また、カウンセリングで話す中で自分がどう思っているか、どう感じているか、どうしたいかが明確になって、自分を変えることへの意識も高まってきますので、より高い意識で継続できるようになるからです。

「苦手な上司と顔を合わせるのがもう限界」「今すぐにでも何とかしたい」という場合は、耐えていると余計に悪化していきますのでなるべく早い段階でご相談ください。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ