本音が見えなくなる無意識の正当化

本音が見えなくなる無意識の正当化

カウンセリングで話をお聴きしても本音が出てこない人はたいてい無意識の正当化を繰り返しています。

本音を悪魔、正当化する考えを天使として例を作ってみましたので、以下の悪魔と天使のやり取りをご覧ください。

悪魔:「馬鹿のくせに調子乗りやがって」

天使:「いやいや、そんなこと僕が思うはずないんだ」

悪魔:「あんなやつ生きてる価値すらないぞ」

天使:「いや、どんな人にでも価値はあるはず。あの人にもきっといいところはあるんだから」

悪魔:「ほんまにウザい、死ねばいいのに」

天使:「なんてことを言うんだ。そんなひどいこと思っちゃいけないよ」

悪魔:「もう何かもがイヤだ、しんどい」

天使:「他の人はもっとしんどい思いしてるはず。自分だけがしんどいわけじゃないんだから」

悪魔:「親の存在自体に無性にイライラする」

天使:「親に面倒見てもらって生活させてもらっているんだから感謝しなきゃ」

悪魔:「かわいい女の子と付き合いたい、SEXしたい」

天使:「身体の関係じゃなくて大事なのは心のつながり、愛なんだ」

このように悪魔と天使の葛藤を繰り返しています。

本人にとって悪魔は出てきて欲しくないと思っていますので、悪魔を抑え込んで天使の自分で正当化することを繰り返します。

そして、気付かないうちに自分の中に悪魔はいないんだと思い込むようになるのです。

悪魔は存在してはいけないのか?

いえ、逆に存在しなければなりません。

正当化している人の感覚から悪魔という表現を使いましたが、これは自分の本音です。

正当化を繰り返して本音を抑え込むというのは、自然に反することでありどこかに異常が出るようになります。

例えば、人と話すときに何を話していいかわからなくなったり、意見を求められても意見が出てこなかったり、なぜか些細なことで無性にイライラするようになったり、他人の目が異常に気になったり、気持ちが落ち込んでうつ状態になってしまったり、好きという感情がわかなくなったり…

しかし、異常が出たとしても正当化している自覚がないため、原因がわからないまま出てきた異常を何とかしようと対処します。一時しのぎでごまかしながら日々を過ごすことになるのです。

「自分はこういう性格なんだ」と勝手に納得して過ごすケースもよくあります。

無意識におこなわれている正当化に気付くポイント

無意識の正当化はさまざまな面で支障をきたすだけでなく、自覚のない莫大なストレスを抱えることから、うつや依存症、心身症などにつながりやすく危険です。

ただ、無意識であるがため自覚が難しいのですが、以下のような傾向がある場合は正当化している可能性が高いと言えます。

  • 「何考えているかわからない」と言われた経験がある
  • 「もっと本音で話して欲しい」と言われたことがある
  • 幼少期や学生時代を振り返っても記憶がほとんどない
  • 素直に相談すること、人に甘えることができない
  • まったくと言っていいほどイライラすることがない
  • 自分の感情を無視してでも効率化を求める
  • 理屈っぽくてどこか冷めている
  • 「好き」という感情がわからない

「もしかしたら当てはまるかも」と思われた方は、危険だという自覚がなかったとしても一度カウンセリングを受けてください。

私のところにカウンセリングを受けに来られる方は、すでに大きな問題を起こしてしまった方ばかりですが、できれば問題を起こす前に自覚して未然に防いでいただきたいと思っております。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ