人と話すときに緊張しながらでも言葉を発せられる人もいれば、緊張が強すぎて言葉が出せなくなってしまう人もいます。

言葉が出ないとさすがに困るから何とか言葉を出そうとするのですがなかなか出てくれない。

話を振ってもらって返事をするのがやっと、自分から話しかけるなんて到底できません。

言葉が出なくなるほど緊張するというのは不安や恐怖に完全に飲まれている状態です。

不安や恐怖に飲まれている状態で無理やり頑張っても空回りするだけ。

「何を話せばいいか」と必死に考えて言葉をひねり出そうとしますが、言葉が出る状態になるために必要なのは考えることではないのです。

本来言葉は湧き上がってくるもの

たわいもない話を何気なくしている人たちは必死に考えながら話しているわけではありません。

「今日はすごい雨ですね」と話しかけるのも、天気の話題だったら無難だからとか、共通する話題だからとかを考えているわけではなく、ただ土砂降りの雨に驚きや困惑、何かしら感じたから言葉が出てきただけ。

何かを感じたときに自然と言葉は湧き上がってくるのです。

人と話すときに緊張して言葉が出なくなってしまう人は、この自然と湧き上がってくる言葉を抑え込んでいます。

「こんなこと言ったら変に思われるんじゃないか」

「相手に不快な思いをさせたらどうしよう」

「上手く説明できないかもしれない」

「興味を持ってもらえる内容じゃないといけない」

いろいろ考えてブレーキをかけるから言葉が出てこない。

抑え込んでいる状態で無理やり言葉を出そうとするなんて、ブレーキをかけながらアクセルを踏み込むようなもの。

そもそもすごく難しいことをやろうとしているんですよね。

湧き上がってくる言葉を抑え続けると…

ブレーキをかけ続けていると言葉が湧き上がらない状態になっていきます。

毎回抑え込まれるのであれば最初から湧かない方が抑え込む必要もなくて楽ですからね。

言葉が湧き上がらなくなるというのは気持ちの動きが小さくなる、感じなくなっていくということ。

「どう思う?」と意見を求められても答えられない。

どっちでもいいと思うことが増えてきた。

やりたいことがとくに思い浮かばない。

自分の気持ちがどんどんわからなくなって、自分が本当に何を思っているのかすら見失っていく。

言葉が湧き上がってこないから頭が真っ白になって話せなくなる、話すことを考えざるをえない状態になって緊張が強まってしまうのです。

気にせず話せているように見える人たちも不安を抱えている

「相手は興味ないかも」「上手く説明できないかも」といった不安は大なり小なり誰もが抱えています。

それでも普通に話せるのは不安に飲まれず抱えることができているから。

親しい人に会えて嬉しい、最近気になっていることを聞いて欲しい、興味があるから知りたい、すごくよかったから教えてあげたい、自分のしんどさをわかって欲しい…

何かしら不安を上回る気持ちの動きがあるから抱えることができるのです。

つまり、人と話すときに緊張して言葉が出なくなるのは、不安や恐怖があることではなく不安や恐怖を抱えられないことが原因だと言えます。

不安や恐怖、症状がなくなれば話せるようになるということではありません。

必要なのは不安や恐怖を抱えながら人とかかわれる状態になることなのです。

不安や恐怖を抱えながら人とかかわれる状態になるために

不安や恐怖以外の感情に目を向けて表現していくことが大切です。

自分が感じたことや思ったことを話す、書く、描く、行動する…何かしらの形で表現していくと強まっていきます。

かわいいと思ったら「かわいい」と言ってみたり、美味しそうと思ったら買って食べてみたり、絵を描きたいと思ったら描いてみたり、些細なことからでかまいません。

何かを感じたときにやりたいと思うことをなるべくやっていくといいですね。

ただ、自分の気持ちがまったくわからない状態では表現しようがないので、カウンセリングを受けながら少しずつ自分の気持ちがわかる状態にしていくことが必要となります。

自分の気持ちに添って動くとエネルギーが生み出され、そのエネルギーが強まっていけばいくほど不安や恐怖を抱えやすくなるのです。

不安や恐怖に飲まれた緊張状態で無理やり考えて話すのではなく、言葉が湧き上がってくる状態をいかに作るかに焦点を当ててみてください。