対人恐怖症を克服する上でもっとも大切な原理

対人恐怖症を克服する上でもっとも大切な原理

対人恐怖症で悩んでいる方がカウンセリングに求めることは症状をなくすことです。

症状さえなくなれば普通に人とかかわれると思っておられますからね。

症状をなくすために何をすればいいか、つまり、症状をなくすために効果的なアドバイスを求めておられるのです。

しかし、私がおこなうアドバイスは症状がありながらでもできることになりますから、症状に直接働きかけるものではなく逆に放置するようなものになります。(必要に応じて緩和するアドバイスはおこないますが)

症状をなくすためには症状が出ながらでもできることをやっていくしかないからです。

初回のカウンセリングでこの原理はお伝えするのですが、「この症状さえなければ」の意識が強い人ほど私の話が耳に入りませんので「このカウンセラーは症状をなくすためのアドバイスをくれないんだ」と失望して終わります。

極端な話、何をアドバイスしても症状があるからできませんという人もいます。

「そんな話はいいから症状をなくすアドバイスをくれ」というのが本音でしょうか。

症状があるからできない。でも、症状はなくしたい。

その要望に叶うとすれば薬で不安を和らげることくらいでしょうか。根本的になくすことはできませんが…

今、症状が出ているのは事実であり、それが今すぐ消えてなくなることはありません。

であれば、その事実を受け止めて症状が出ながらでもできることをやっていくしかないのです。

症状がなくなったら人とかかわれるようになる

ではなく

症状がありながらも人とかかわって上手くやっていける感覚を掴めるから症状がなくなる

ここに気付いて、今の症状のある自分でも人とかかわっていくにはどうすればいいかを考えるようになれば対人恐怖症は克服へと向かっていきます。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ