最近とくに雑談ができないというお悩みでご相談いただくケースが増えているのですが、その中でも沈黙を異常に恐れる方が多いのは一つの特徴かなと感じています。

「もし、自分から話しかけたとしても一言で終わって沈黙になったら気まずいですよね」

「会話が途切れた時に沈黙の時間が流れたらどうしようって気になって仕方ないんです」

「沈黙になったら何か話さないとって必死に考えて話すんですけどまた一言で終わるから余計に気まずくなっちゃうんですよね」

だいたいこういった感じのことをおっしゃる方が多いです。

カウンセリングでも沈黙が気になるから焦って話したり、カウンセラーに沈黙を作らないようにして欲しいと言ってこられる方もおられます。

なぜ、これほどまでに沈黙が怖いと思ってしまうのでしょうか?

沈黙が怖いと思ってしまう悪循環

自分は上手く話せない、面白い話ができないと思っている。

沈黙の時間が流れると自分の話が面白くなかったせいではないかと自分の責任にする。

沈黙になったのは自分の責任だからなんとかしないといけないと思う。

沈黙を打開するために何か話さないとと必死に考えて話す。

沈黙を打開するために焦ってひねり出しただけの話だから会話が続かない。

また沈黙の時間が流れて自分を責める。

やっぱり自分は会話が上手くできないんだと思うから余計に沈黙が怖くなる。

これが沈黙が怖いと思ってしまう悪循環です。

会話をしている以上相手があるわけですから沈黙の時間ができてしまった責任は少なからず相手にもあります。

しかし、自分の会話に問題があると感じているせいで100%自分の責任にしてしまうから居たたまれない気持ちになってしまうんですよね。

無理やりしゃべるくらいなら黙った方がいい

沈黙をなくそうと無理にしゃべったらこんな感じになります。

「今日天気悪いですよね。」

「そうだね。台風近づいてるからね。」

「・・・」

「・・・」

「あっ、そうそう、こないだの打ち合わせどうだったんですか?」

「えっ?まぁ、別に問題なかったけど。」

「・・・」

「・・・」

「・・・(どうしよう…)」

想像するだけでしんどいですよね。

頑張っても頑張らなくても「話が続かない」という結果に変わりはないわけですから、いっそのこと頑張って別の話題を振るのをやめるほうが賢明です。

沈黙の時間ができたらわざと黙るようにしてみましょう。

自分で時間を決めて3秒なら3秒、10秒なら10秒。

心の中でゆっくり数えて意図的に無言の時間を作るのです。

意外かもしれませんが、わざと黙ることで落ち着きを取り戻しやすく、相手が別の話題を振ってくれるケースもあります。

沈黙が怖い状態を改善するために

先程の悪循環で説明させていただいたとおり、そもそもの原因は「自分は上手く話せない、面白い話ができないと思っている」という自信のなさにあります。

沈黙になってもなんとでもなる、何か話したいことが出てきたら話せばいいやと思っている人は沈黙を過剰に恐れることはありませんからね。

ですので、自分は話せるんだという自信を付けていくことが必要になるのですが、そのためには「話せた」という経験を積んでいくことが必要です。

沈黙で追い込まれて「何か話さないと」というプレッシャーに飲まれた状態では上手く話せませんから、普段の落ち着いた会話のときに自分から話すという自発的な会話をしていくことになります。

ただ、いきなり自分から話そうとしても不安が邪魔して難しいので、まずは話したいこと、聞いて欲しいこと、聞きたいことが自然と出てくるくらいの状態を作っていくことからです。

そのために、普段の生活をしている中で自分が感じたこと、思ったこと等に焦点を当ながら過ごして、紙に書いたりカウンセリングで話したりして表現することから始めてください。

表現することによってもっと表現したい気持ちが強くなるので、他人との会話でも自発的な会話がしやすい状態になっていきます。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら