カウンセリングと本

カウンセリングと本

対人恐怖症を克服するにあたって、カウンセリングを受けるのか、カウンセリングを受けずに市販の本や教材で勉強するのか、どちらが良いのか迷われる方は多いと思います。それぞれのメリット、デメリットについてまとめましたので参考にしていただけると幸いです。

カウンセリングを受ける場合

メリット

  • インターネットや本で調べても理解できなかったことをカウンセラーが理解できるように教えてくれる
  • 解決方法を一緒に考えてアドバイスしてもらえる
  • 客観的に状態を判断して適切なタイミングを教えてもらえる
  • カウンセラーとの対話の中で人とかかわるスキルが自然と備わってくる

デメリット

  • お金がかかる
  • カウンセリングを申し込む勇気を振り絞らなければならない
  • カウンセラーに自分が対人恐怖症だと知られてしまう
  • 自分に合った良いカウンセラーを探さなければならない

本や教材で勉強する場合

メリット

  • あまりお金がかからない
  • 自分の好きなタイミングで自由に取り組める
  • 他人に知られずにこっそりと試せる

デメリット

  • 分からないことがあっても自分で調べて解決しなければならない
  • 自分でモチベーションを維持しなければならない
  • 最終的に人とかかわるスキルについて自分で努力して磨いていかなければならない

対人恐怖症克服塾でも教材の販売をしておりますが、可能であればカウンセリングを受けていただきたいと思っております。

なぜなら、

カウンセラーという「人」とかかわるか否か

ということが対人恐怖症を克服するにあたって非常に重要なことだからです。

いくら本で勉強しても、最終的には人とかかわることでしか対人恐怖症は克服できません。カウンセリングを受けていれば、カウンセラーという人とかかわることでコミュニケーション能力が向上してから、他の人とかかわりを持っていくことになりますので、行動がスムーズにできて克服しやすくなります。

ただ、経済的な事情等もあってカウンセリングを受けられない場合や誰にも頼らずに自力で克服したいというお考えの方もいらっしゃると思いますので、それぞれのメリット、デメリットを考慮した上で自由に選択していただいて良いと思います。

このページの先頭へ