対人恐怖症は専門のカウンセリングを受けることによって以下のような流れで克服していくことができます。(あくまでも基本的な流れであって受けられる方の状態によって大幅に変わることもあります)

Step1

まず、あなたが直面されている悩みをお聴きします。あなたの立場でどんな感情でどんなつらさなのか等を、心理的背景まで想像しながら真剣にお聴きします。不安や恐怖で混乱した頭の中を整理していただく意味でも話していただくことは大切です。

この時点で、なぜ対人恐怖症が克服できなかったのか、どんな特徴があって、どういう進め方をすれば効果が出やすいか等、ある程度の方向性をお伝えします。

必要に応じて、今あなたが直面されている悩みに対処できる具体的な方法(不安や恐怖を抑える方法、人と接する頻度、特定の人との接し方、ストレス解消法、生活習慣の改善、最適な転職や職場復帰の時期など)をアドバイスさせていただきます。

Step2

現在の悩み、最近学校や職場、日常生活であったこと、趣味、過去の生育暦など、テーマに沿って話していただきながら、カウンセラーからの質問や対話の中で自分では気付けない範囲のことに気付いたり、今自分が何をすればいいのかを自覚したりしていきます。

現在と過去、両方の話を聞いていくことが多いです。

対人恐怖症を克服する上で他人基準を自分基準に切り替えていくことが非常に重要なため、「自分を知ること」を中心に進める形になります。

状態に応じて効果が出やすいワークをカウンセラーが考えてご提案。

難しそうな内容であれば取り組めるかどうかを確認しながら調整して、どうすれば取り組みやすくなるか、継続しやすくなるか等も一緒に考えます。

Step3

カウンセリングを継続していく中で本当の自分を知ることになり、少しずつ他人基準から自分基準に変わっていく。

「自分がどうしたいか」に気付けるようになってきますので、エネルギーが湧いて不安や恐怖を抱えながらも行動しやすくなります。

カウンセラーに報告して客観的に検証しながらアドバイスを受けていくことで狭くなっていた考え方の視野が広がって、対人関係における恐怖や不安がなくなっていきます。

Step4

他人を知ることによって人付き合いが上手くいく機会が増え、自分にどんどん自信が持てるようになっていきます。

また、周りからも評価されたり好かれたりするようになるのでさらに自信が高まります。

そして、カウンセリングを受ける前に不安や恐怖を感じていたことが「どうでもいい小さなこと」に感じられて、不安や恐怖を感じなくなっていきます。(この感覚が「克服」です)

Step5

あくまで状態によりますが平均すると半年から1年くらいで対人恐怖症を克服されてます。

カウンセリングの間隔は克服に近付けば近付くほど開いていく形になり、最初は1週間ごとだった間隔が2週間ごと、1ヶ月ごとになっていくケースが多いです。

ただし、再発の危険性を防止する意味でも対人恐怖症にならない習慣が根付くまでは継続が必要だと考えております。

※無理に継続を促すようなことはしておりませんのでご安心ください。

「他人基準」を「自分基準」に変えていく

他人基準になっている今の思考回路を習慣化している現在の行動を変えることによって自分基準にしていきます。

他人基準による対人恐怖症悪化サイクル

出来事

↓ 「どう思われているか」「何を話せばいいか」などを考えすぎて人と接することに不安や恐怖を感じる

回避

↓ どんどん不安や恐怖を感じる考え方にこだわるようになっていく

不安の増大

↓ 不安が高まる中また人と接する機会に出くわす

出来事

自分基準による対人恐怖症克服サイクル

出来事

↓ 「自分がどうしたいか」を考えて行動を起こす

停滞

↓ 他人基準だった考えが自分基準に移っていくことで自信を取り戻し不安がなくなっていく

安心

↓ 本当の自分で他人と接しても大丈夫だと思えるようになっていく

出来事

※自分基準の思考回路で行動できる習慣が身に付けば、今までのように症状にこだわることがなくなっていくため、頑張って意識しなくても自然に克服へ向かうようになります。