「この役立たず!」

「この役立たず!」

こんにちは、西橋です。

ちょっとタイトルでビックリされたかもしれませんが、

「この役立たず!」

なんて言われたら嫌ですよね?私も嫌です(笑)

こんな言葉を真に受けてしまうと、

「自分はダメなんじゃないか…」

なんて悩んでしまうキッカケにもなりかねません。

もしくは、

「そんなことはない!」

と怒って喧嘩になってしまうキッカケにもなってしまいます。

でも、

「そうだよね、確かにこの場面、このタイミングでの私は役立たずだったよね。」

と思えたらそういう事態にはならないのです。

これは、単に自分を卑下しているわけではありません。開き直っているわけでもありません。

『この場面、このタイミング』

という限定した自分が役立たずだったと言っているだけなのです。

つまり、裏を返せばその限定した場面以外の自分は役立たずではないのです。むしろ、役立つ自分の場合すらありえます。

誰かから自分を否定されたり非難されたりしても、それはそのときの自分でしかありません。

違う場面では賞賛されることもあるでしょう。

こんなに嫌な言葉も捉え方次第で気持ちが変わりますね。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ