やっちゃいけないという束縛を解く方法

やっちゃいけないという束縛を解く方法

こんにちは、西橋です。

やっちゃいけないと思うから、縮こまってやりづらくなり、不自然にもなる。

これは対人恐怖症で悩む人全般に言えることですが、とくに固定観念が強い人はかなり苦しめられています。

例えば、

「相手に嫌な思いをさせてはいけない」

なんて思いながら、誰かと話すなんてすごく大変なわけです。

なぜなら、嫌な思いをさせないように言葉を選んだり、容姿や仕草を気にしたり…

こういったことをいっぱいやりながらになりますから、普通に話すことはできないんですよね。

ですので、自然に楽しく会話して人とのかかわりを楽しむためには、この「やっちゃいけないという束縛」をなくしていくことが必要です。

では、どうすればなくしていけるのでしょうか?

その一つの方法として、「やっちゃいけない」を「やってもいい」と入れ替えて繰り返しつぶやくという方法があります。

これはアファーメーションという手法でナポレオン・ヒルなどの自己啓発本を買えば載っている有名な方法です。本来は「私はコミュニケーションが得意だ」「私は目標に向かって着実に成果を上げている」といった形で使うのですが、それを許可の形に変えた応用版みたいな感じですかね。

やっちゃいけない束縛でお悩みの方は一度お試し下さい。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ