やってはいけないことをわざとやる?

やってはいけないことをわざとやる?

こんにちは、西橋です。

対人恐怖症で悩んでいる状態の人は、自分の中で「やってはいけないこと」をいっぱい作っています。

例えば、

  • 他人を視界に入れてはいけない
  • 遅刻してはいけない
  • 人に迷惑を掛けてはいけない
  • 相手が興味のない話をしていはいけない
  • 沈黙の間を作ってはいけない
  • 無表情で接してはいけない
  • ミスをしてはいけない

など

多い人はここに書ききれないくらいありますね。

実は、こういうやってはいけないと思っていることをわざとやってみて自分のコントロール下に置いて、対人恐怖症を克服していくという荒業があります。

正直、やるにあたってはかなりの勇気が必要ですし、やり方を間違うと悪化する危険性もあるのですが、上手くいけばかなりの効果を発揮します。

「見てはいけない」「やってはいけない」「失敗してはいけない」と思うからこそ不安や恐怖がつきまとうわけで、逆にこれが「見てもいい」「やってもいい」「失敗してもいい」になれば不安や恐怖なんて感じなくなりますからね。

あなたの中にはどれだけの「やってはいけないこと」がありますか?

絶対にやってはいけないことなんて法に触れることくらいですから、もしチャレンジされたいならやってみても良いとは思います。

もし、やってみたいけどやり方が分からない、どうしても不安だという場合はこちらからご相談ください。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ