こんにちは、西橋です。

当サイトには対人恐怖症度のチェックシステムがあり、現在8500名以上の方にご利用いただいているのですが、たまに何度も診断チェックをして自分の点数を確認する方がおられます。

最初に診断した日から期間が経過したら点数がどうなったか気になるのかもしれませんが、それをやると余計に気になって克服しづらくなります。

「確認する=気にしてる」

ですから、やればやるほど気になっちゃうんですよね。

これは、家を出てから鍵を閉めたかどうかが無性に気になって出社途中で家に帰ったり、ガスの元栓を閉めたかどうかが気になり過ぎて旅行の途中で帰ったりするような、強迫神経症といわれるものと同じ原理です。

たとえ、確認して点数が下がってようが、わざわざ診断チェックをする時点で気になってるわけですから、そんなことを繰り返しても、逆に気になって克服なんてできなくなっていきます。

順調に克服できていくと、自分の対人恐怖症の度合なんてどうでも良くなってきてわざわざ診断しようとすら思わないはずですから、何度も診断チェックしてしまう人は違う落とし穴にハマっているのかもしれません。

とにかく、2回3回と診断チェックすると逆効果ですから、時間があるなら違うことやりましょうね。