他人からふいに暴言を吐かれたときの対策

他人からふいに暴言を吐かれたときの対策

こんにちは、西橋です。

先日梅田で電車の乗り換えをしていた際、後ろにいた男性から「タラタラ歩くなよ!早くしろ!」と言われました。

私は電車に乗る際にゆっくり乗るのですが、その方はせっかちなタイプだったのでイライラしたのだと思います。

こういうことがあったとき、イライラした相手を睨んだりしてよく喧嘩している場面を見かけます。

それだけ人の心に余裕がなくなっているんでしょうね。

心に余裕があれば、「まぁ、あの人はせっかちなタイプだからイライラしたんだろうな」と思うくらいですが、余裕がなければ「そんなことくらいでイライラしやがって!こっちは悪いことしてないのに!」と思って睨みつけたりするんですよね。

私もそういうケースでイライラすることもありますが、睨んだり喧嘩したりはしません。

それにはちゃんとした理由があります。

その理由とは、

『時間のムダでしかないと思うから』

です。

睨んだりして相手と喧嘩して自分にどんなメリットがあるのか?

確かに、イライラした気持ちを相手にぶつけられるというのはあるかもしれません。

また、喧嘩に勝てれば自分が正しいと証明できるかもしれません。

でも、それができたから何だって話なんですよね。

別にそれで自分が幸せになれたり、目標に近付けるわけでもないのです。

あなたはムダなことに時間を費やして嫌な思いしてませんか?

ムダなことをして損をしないためには、「それをすることで本当に自分の為になるのか?」を自問する習慣が有効ですよ。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ