対人恐怖症を克服するためのコツ

対人恐怖症を克服するためのコツ

こんにちは、西橋です。

カウンセリングを受けられる方の中で、たまに必死にメモし続ける方がおられます。

でも、いくら綺麗にメモをとれたとしてもほとんど効果は出ません。

逆にほとんどメモをとらない人の方が効果が出やすいのです。

何故だか分かりますか?

なぜなら、自発的に考えて行動する力をつけるのも、考え方の視野を広げるのも、コミュニケーション能力を高めるのも、問題解決力をつけるのも、臨機応変な対応力をつけるのも、ぜんぶ感覚的なものだからなんですよね。

書いて頭で覚えて理解して何とかなるものではありません。

ですので、カウンセリング中はメモをとるのを頑張るのではなく、話をしたり聞いたりしながら自分で考える。

そして、自分で気付いたことやアドバイスをもとに実際に行動して自分の中に落とし込む。

カウンセリングを受けたとしてもこれをやっていかない限り何も変わりません。

自力で克服しようと頑張っておられる方も、他のところでカウンセリング受けておられる方も、今回の内容を参考にされると効果が出やすくなりますよ。

追記:

よくこの記事を読んで「カウンセリング中にメモ取ってはいけないんですよね?」と言われる方がおられますが、そういう意味ではありません。

こちらからご提案した内容やアドバイスで実践したいと思ったこと、自分で考えたことをメモに残したいならカウンセリング中に書いていただいて大丈夫です。

私が伝える内容をほとんど考えもせずただひたすらメモし続けるだけというのがまずいですよという話ですから。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ