対人恐怖症が克服できないよくある間違い

対人恐怖症が克服できないよくある間違い

こんにちは、西橋です。

対人恐怖症を克服したい人にありがちな間違いの一つに「気合で頑張ろうとする」ということがあります。

例えば、無理やり笑顔を作ろうとしたり、無理やり集まりで盛り上げる発言をしようとしたり、とにかくしゃべろうとしたりといった類のことです。

でも、これは対人恐怖症を悪化させる可能性はあっても、克服できる可能性は非常に低い方法ですので、すでに頑張っている方は止めて下さいね。

その理由は、車のギアをニュートラルに入れたままアクセルを踏んでも前には進めないのと同じ理由なのです。

例えば、アクセルを踏んでいるのに前に進めなくて困っているAさんがいて、それを解決したくてBさんに相談したとします。

Aさん:「アクセルを踏んでいるのに前に進めないんです。どうしたら良いですか?」

Bさん:「う~ん、それはアクセルが踏み足りていないからだよ。さぁ、もっと踏み込んで!」

Aさん:「はい!」

でも、一向に車は前に進みません。

そうすると、Aさんは「まだアクセルが踏み足りないから前に進まないのかな」と思ってさらにアクセルを踏み込みます。

そして、高々とエンジン音がむなしく響き渡り、続けているうちにどんどんガソリンが減っていくだけで前には進めないのです。

「そんなバカなことをするヤツはいないでしょ。」

と笑えるくらいの話ですが、対人恐怖症を気合で頑張って克服しようとするのはこれと全く同じことなのです。

前に進むために必要なのはアクセルを踏み込むことじゃなく、

『ギアがニュートラルになってることに気付いて、ギアを変えること』

なんですよね。

これに気付くのがなかなか難しいので、対人恐怖症を克服できずに悩む人が多いのですが、対人恐怖症の原理を理解しているカウンセラーのカウンセリングを受けることで気付けるようになれる場合がほとんどです。

車の話で例えましたので、車を運転しない方には分かりづらかったかもしれませんが、要は気合だけじゃ悪化するだけで対人恐怖症は克服できないですよって話です。

あなたは頑張ってアクセルを踏み続けていませんか?

前回のメルマガでお伝えした自己啓発もこの状態を助長するので気をつけましょう。

もし、あなたが本気で対人恐怖症を克服したいとお考えならこちらからカウンセリングにお申込みくださいね。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ