こんにちは、西橋です。

実は対人恐怖症で悩んでいる人に共通しているある重要な事実があります。

克服できていない人はこれが何か知りません。

知らないままに克服しようと頑張りながら、嫌な思いをする場面を避けています。

 

例えば、

「人が多い場面を避ける」

「相手と目を合わせないようにする」

「話しかけられても返事しかしないようにする」

とか。

 

これを繰り返すことで日々の辛さ、しんどさ、苦しさがマシになるわけですからやり続けます。

やり続けながら克服できる方法を頑張ります。

でも、何も効果が出ないからどうしようかと途方に暮れてしまいます。

 

さぁ、私が今回のメルマガの冒頭でお話した

『対人恐怖症で悩んでいる人に共通しているある重要な事実』

が何か、なんとなく気付かれました?(結構ヒント出したつもりですが)

 

答え言いますね。

 

答えは

『日々の辛さ、しんどさ、苦しさから逃れる行動を繰り返していること』

なんです。

 

「そんなことわかってるよ」

と言われるかもしれませんけど、これってメチャクチャ大事なことですよ。

 

なぜかというと、これが対人恐怖症を維持させている原因になっているからなんですよね。

 

対人恐怖症を克服するためには前に進むことが必要。

なのに、日々の辛さ、しんどさ、苦しさが耐えられないからと後退してるんです。

 

そんな状態でどうやって克服するんでしょうか?

 

後退しながら前進したいって不可能な話なんですよ。

 

まずは、その矛盾に気付くことが必要で、気付いた上で後退をやめる。

それから、少しずつ前進していく。

 

この順番を守ってやれば気合入れて頑張らずとも、対人恐怖症を克服していくことができます。

 

あっ、でも、「矛盾に気付くこと」とか「後退をやめる」とかは頭で理解して何とかできるもんじゃないんで、行動して感覚で掴むことをやってくださいね。

対人恐怖症は頭で考えてもどうにもならないものとさすがにわかっておられると思いますけど、念のためお伝えしときます。