対人恐怖症は言い訳に過ぎない?

対人恐怖症は言い訳に過ぎない?

こんにちは、西橋です。

「対人恐怖症は言い訳だ」

なんて言うと、対人恐怖症のことを理解していないと怒られるかもしれません。失望されるかもしれません。

でも、対人恐怖症というのは言い訳ではないかと最近思うのです。

最近こそ職場の人間関係の問題に関するカウンセリングもやりますが、自分自身が苦しみ、少し前までは対人恐怖症のカウンセリングしかしてこなかった僕にとって、対人恐怖症を言い訳だと思うことに正直すごく抵抗がありました。

たぶん、対人恐怖症で悩んでいる人が相談した相手から面と向かって

「それって、言い訳でしょ?」

なんて言われたらめちゃくちゃムカつくと思います。

そういう不快感を与える覚悟で書いておりますので、読んで「許せない」と思われた方は解除して下さい。

対人恐怖症は言い訳です。

自分が不安や恐怖と向き合う危険から身を守るための言い訳です。

カウンセリングをしている中で実感しています。

1回目、2回目のカウンセリングではずっとその言い訳を聞き続けて、その裏側に隠れている不安や恐怖を知ることに全力を注ぎます。3回目以降でも必要に応じて聞きます。そして、その言い訳を破る方法を一緒に考えます。具体的に何をすれば言い訳できなくなるか。最終的には言い訳しながら実際に行動することになるんですけどね。

そして、言い訳せずにやるようになったとき、とりあえずやってみようと考えるようになったときに「そういえば、そんな言い訳してたな」って思えるようになる。

対人恐怖症は行動せず自分勝手な妄想ばかりすることで悪化していくものなので、逆に行動していけば改善していきます。でも、不安や恐怖があるから言い訳して行動しない。だから改善しない。

自分を不安や恐怖から守ってくれるのが言い訳。

でも、今の苦しみを改善してくれないのも言い訳。

そんな言い訳を大事に抱えて生きていくことが幸せにつながるはずがありません。

対人恐怖症を本気で改善したいとお考えなら、その言い訳と向き合って論破しましょう。

自分ができる範囲で少しずつ、逃げずに。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ