強がるだけじゃ意味がない

強がるだけじゃ意味がない

こんにちは、西橋です。

今回は「自己評価の見直し」に関する克服法をお伝えします。

カウンセリングの技法の中に、認知療法というものがあります。

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、どういうものか簡単に言いますと、自分の非現実的な考えに対して論理的に反論して捉え方(考え方)を変えていくという方法です。

例えば、

「周りに変だと思われているはずだ。」

と思っても、

「いや、そんなことはない。私を見てる人なんて一人もいないじゃないか。もし、変だと思われても死ぬわけじゃないし大丈夫だよ。」

と自分に対して言い聞かせて納得させていく。

なんていうのをやっていくわけですが…

対人恐怖症の状態でこれをやってもほとんど効果はありません。
(症状が軽度の方の場合はたまに有効なケースはありますが…)

なぜなら、こんなのは強がりに過ぎないからです。

いくら強がっても、無意識の自分が納得せず強烈に反論してきます。ですから、結果としてせっかく考えた論理的な意見も自分が聞き入れないという状態になるわけです。

たまにこれを熱心に勧めるカウンセラーさんもいらっしゃるそうですが、こんなので効果が出るなら、みんな自力で克服できてます。
(言い方が悪くてすみません。私自身も一時期勧めていたことがありましたので自戒の念を込めております。)

もし、どうしてもこの方法でやりたいなら自己催眠でもかけながらしないとダメです。

じゃあ、どうすればいいか?

「それに、○○だから」

を付け足すのです。

分かりやすいようにさっきの例をそのまま使いますと、

「周りに変だと思われているはずだ。」

と思っても、

「いや、そんなことはない。私を見てる人なんて一人もいないじゃないか。もし、変だと思われても死ぬわけじゃないし大丈夫だよ。」

「それに、私には誰からどんなに変だと思われても味方になってくれる親がいるから。」

という形にします。

でも、対人恐怖症で自信をなくしている人はこの最後に付け足す言葉が出てこないと思います。

ですから、まず探すことから始めてください。

  • 自分が否定されても味方してくれる人
  • 自分の長所

など

それが心の拠り所となってあなたを助けてくれますので。

具体的な探し方は人によって変わりますので、どうやって探せば良いか分からないという方がいらっしゃれば、カウンセリングという形であればサポートさせていただくことも可能です。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ