悪循環を作り出している生真面目さを崩す方法

悪循環を作り出している生真面目さを崩す方法

こんにちは、西橋です。

対人恐怖症で悩んでいる方の代表的な特徴として挙げられる生真面目さ。(下品な言葉でいうとクソ真面目)

これはうつやパニック障害、強迫神経症といった他の症状にも関連してくるものでもあります。

「真面目」という言葉は一般的に良い意味で使われますが、これも度を超してしまうと良くありません。真面目すぎると問題が出てくるのです。

  • 与えられた仕事はしっかり全うしないといけない
  • 目上の人の話はちゃんと聞かないといけない
  • 周りより能力が劣っていればその分頑張らないといけない
  • 仕事だけでなく家のこともちゃんとしないといけない
  • 人に迷惑をかけちゃいけない
  • 他人の悪口は言っちゃいけない
  • 愚痴を言っちゃいけない
  • 沈黙の間を作っちゃいけない
  • 一言一句メモをしっかりとらないといけない

まぁ、よくこんなことを考えておられる方が多いのですが、これを背負って毎日生きるとなるとすごくしんどいです。気が抜けるところがないですから。

私自身も過去には先程挙げたこと全部当てはまる状態でしたから精神的にも肉体的にも休まらない日々を過ごしていました。

でも、そんな苦行に耐えても対人恐怖症は克服できないし幸せにもなれません。

逆に頑張って耐えれば耐えるほど悪化していきます。

あなたもそろそろ悪循環から抜け出しませんか?

もし、抜け出したいとお考えなら、少しずつ今の考えと逆の行動をとるようにしていきましょう。

  • 与えられた仕事を中途半端に終わらせる(例えば、2重チェックを1回に減らすとか)
  • 目上の人の話を聞き流す
  • 周りより能力が劣っているから手伝ってもらえるように依頼する
  • 事情を伝えて家のことは誰かに任せる
  • 人に迷惑をかける(何かしらお願いをしてみるとか)
  • 他人の悪口を言う
  • 愚痴を言う
  • わざと沈黙の間を作る
  • 要点だけメモをとるようにする

いきなり全部変えるのは不可能ですし、不安や恐怖を強く感じることはやらなくてかまいません。こういった感じで逆のことを書き出してみてできそうなことからやっていく。

やってみてどうだったかを体感していくことで、生真面目な考え方が崩れていく。

という流れで悪循環から抜け出すことができます。

これだけやれば絶対に対人恐怖症が克服できるとは言えませんが、やると非常に効果が高いですのでチャレンジしていただくといいかなと思います。

どうしても行動に移せないという場合は一度ご相談下さい。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ