笑顔の代わりになる方法を考える

笑顔の代わりになる方法を考える

こんにちは、西橋です。

よく通っている近くのコンビニの店員さん、シフト制なのでいろんな人と会うのですが、無理して笑顔を作る人と作らない人がいます。

やっぱり無理して笑顔を作っている人がレジをしてくれるときは、こちらも何か変な神経を使ってしまう部分があってレジという一瞬の時間だけでも接しづらさを感じます。

接客業なので「お客様と接するときは笑顔で」と指導されるのでしょうが、笑顔になるのが得意じゃない人がやるとどうしても顔が引きつるんですよね。

この状態を改善するために有効なことは、無理に笑顔になろうとしないことです。

でも、「笑顔にならないようにしよう!」と思ってもそれはできないので代わりになる方法を探して、それをやるようにします。

笑顔になる目的は何でしょうか?



お客様に良い印象を与えるためですよね?

ですので、笑顔にならなくてもお客様に良い印象を与えることができる方法なら、代わりの方法として使えるわけです。もしくは、笑顔になろうとせずに自然と笑顔になれる方法を探すでもいいです。

以上の手順で代わりの方法を考えて、一度実践してみてくださいね。

本来、笑顔というのは「楽しい」「嬉しい」といった感情がわいた結果として出るものであって、そういう感情がないのに作ろうとすること自体、不自然でしかありません。

自分が何のために仕事をしているのかという目的や仕事の対するやりがいを意識していく中で、笑顔になる人もいれば真剣な眼差しになる人もいるでしょう。

どんな仕事にでも真剣に取り組んでお客さんのためを思っているのなら、多少顔が怖かろうが引きつってようがにじみ出る雰囲気がカバーしてくれます。

安心して笑顔の代わりの方法にチャレンジしていただければと思います。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ