まずは自分のタイプを知ることが大切

まずは自分のタイプを知ることが大切

こんにちは、西橋です。

最近、太宰治の「人間失格」を読むことがあったのですが、自意識過剰に悩む主人公の気持ちが少し分かるような気がしました。

いまだに人気のある昔の小説や、最近人気が出た小説にも共通しているのが人間関係の悩みや恋愛などのドロドロした部分で共感を呼ぶところかなと感じています。

今回はその人間関係に悩みについての話なのですが、悩むタイプの人を大きく以下の二つのタイプに分けることができます。

  1. 平均以上の能力を持っているのに無いと思い込んで頑張りすぎて空回りでうまくいかない人
  2. 経験不足で本当に能力がなくてうまくいかない人

1の場合は、その頑張りすぎをいかに無くしていくかがポイントとなり、2の場合はいかに逃げずに経験を重ねていくかがポイントとなります。

このようにタイプや考え方、性格などによっても効果が出る方法は変わりますので、まずそれを知ることが大切ですね。

あなたはどちらでしょうか?

と質問したとしても、たぶん自分でどちらか判断つかないと思います。

なぜなら、すでに人間関係で悩む状態になっている以上、自分の状態を客観的に見る力を失っていますので、自分では判断のしようがないからなんですよね。

判断するために一番手っ取り早いのはカウンセリングを受けること。

どうしてもカウンセリングを受けたくない場合は、日々あった人とのコミュニケーションに関する出来事を書き出すのを繰り返していくと少しずつ判断できるようにしていくことはできます。かなり時間はかかると思いますが。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ