自己啓発の危険性

自己啓発の危険性

こんにちは、西橋です。

対人恐怖症を克服していくにあたって、

「私は私のままで大丈夫」

と今の自分を認めてあげることが非常に大切なのですが、

自己啓発では

「今の自分はダメだ、だから、考え方を変えないといけない」

「今の自分はダメだ、だから、もっと頑張らないといけない」

と自分を否定することからスタートしてしまいやすいので、対人恐怖症で悩んでいる人にとっては危険性が高いのではないかと以前からずっと思っています。

自己啓発で頑張って最初は上手くいったりするケースもあるのですが、途中から息切れしてきて自分のペースを乱して自分を見失ってしまうことが多いですね。

自己啓発セミナーなんかに参加したら、

「やるぞ!やるぞ!やるぞ!」

とか掛け声言ったり、セミナーに参加して人前で大声で決意表明とか、本当にバカらしいですよ。私は大嫌いです。

正直、対人恐怖症が改善するならどんな方法でも良いと私は思っていますが、自己啓発系は逆に悪化するケースが多いです。場合によってはセミナーなどに参加してその参加者同士で依存しあうケースもあります。

「自分を変えたい」

という思いをお持ちだと思いますが、くれぐれも自己啓発で悪化しないようにお気をつけください。

まぁ、自己啓発の本を買ってちょっと読むくらいなら全然問題はないですけどね。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ