対人恐怖症の症状が良くならない本質的な理由

対人恐怖症の症状が良くならない本質的な理由

こんにちは、西橋です。

最近久しぶりにお会いした保険会社時代の上司が真剣に起業を考えておられたので、今の私でできる限りのアドバイスをおこないました。

自分のお世話になった方が本当にやりたいことに向かっていくことに少しでもお役に立てたら、当時助けていただいた恩返しになるのかなと思っています。

その方は本質的な部分をすごく知りたがるタイプなので、事業をやっていくことやカウンセリングというものについての本質も話題になりました。

確かに、どんなことに関しても本質的な部分があって、それを押さえて正しい方向で少しずつできることさえ続けていけば必ず目標にたどり着けるわけですからすごく大切ですよね。

この本質的な部分を対人恐怖症などの悩みを改善していくという点で言うと、

「改善できると本心から信じられるかどうか」

になります。

いくら表面的に本を読んだり、病院に通ったり、カウンセリングを受けたりしてみても、根っこの部分で改善できないと確信していると改善できないままになってしまいます。

なぜかというと、もし改善している部分があっても無視してしまうからです。

何をやっても「ほら、改善してないでしょ?改善なんてしないんだよ。」と改善している部分を無視して自分に言い聞かせていくわけですから、改善するなんて思えなくなって諦めていくんですよね。

でも、本当はそうじゃなくて改善している部分も少しはある、改善していけるものだって、少しでも信じれるようになれば大きな変化へとつながっていきます。

そのために、

自分では無視してしまう小さな変化を誰かに見つけてもらう

ということが必要となるのでカウンセリングが有効となるケースがあるんだろうなと思います。

もしあなたが改善したいという気持ちをまだ少しでも持っておられるのであれば、サポートさせていただくことは可能です。

いつでもご相談ください。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ