財布からデリヘルのポイントカードが出てきた。

たまたま夫のスマートフォンをのぞいたら風俗嬢とのLINEやメールでのやりとりが見つかった。

何かしらのキッカケで夫の風俗通いを知り、どうすればいいのかと悩んでいる奥様からのご相談は多いです。

裏切られた悲しみ、風俗を利用する夫への嫌悪感、どうしようもない怒り。

発覚したときは夫を責め立てて反省させたとしても悩みは消えません。

このまま夫婦関係を続けるか、別居か離婚か、子供にとってはいい父親なのに、なぜそんなことをしてしまうのか、本当にもう行かないのか、もしかすると性病に感染しているかも…

「もう風俗には行かない」と言う夫を信じたい一方、今まで騙されていたことから信じることができず苦しみます。

妻がいるのに風俗に通ってしまう男性の考え方

  • 風俗はあくまでも性欲を満たすためのところであって自慰行為と大差ない
  • 相手はプロでお金を払ってサービスを受けるだけだから浮気ではない
  • 結婚していてもみんな行っているしばれなきゃいいだろう
  • 行かなかったら付き合いが悪いと思われるので仕方ない
  • 特殊な性癖があるから仕方ない
  • 妻に求めてもSEXさせてくれないから風俗に行くしかない
  • 他の女性とも遊んでみたかった

基本的にどれも妻の気持ちを考えない身勝手な発想ですが、「風俗に行く」ということに対する考え方の違いを知ることは大切だと思います。

夫の風俗通いをやめさせるには何をすればいいのか?

まずはしっかりと話し合いをすることです。

怒りや悲しみ等で感情的になってしまうのは当然ですが、一方的に責め立ててばかりでは解決しません。

原因と対策を一緒に考えてみましょう。

夫婦間のコミュニケーションや性生活が上手くいっていないのであれば上手くいく方法を考える。

仕事上どうしても誘われてしまうのであればどうすれば断れるかを考える。

ストレス発散のはけ口がないのであれば趣味を探してみる。

そして、何をしてもらえば奥さん自身の不安が和らぐかを考えることも大切です。

飲みに行くときは誰とどこに行くか事前に教えてもらった方がいいのか、性病検査に行ってもらった方がいいのか、クレジットカードを持たないようにしてもらった方がいいのか…

夫婦間で話し合っても解決できそうにない場合はカウンセリングを受けていただければ専門的な見地からアドバイスいたします。

行かないと行ったはずなのにまた風俗に行っていた場合

風俗通いが発覚して「もう絶対に行かない」と言っていたにもかかわらず、また隠れて風俗通いをしていた場合は風俗依存症の可能性があります。

依存症のレベルであれば夫婦間だけでの改善はなかなか難しいので選択肢としてカウンセリングをお考えください。

依存症は別名「否認の病」と呼ばれており、自覚できないところに問題が潜んでいます。

カウンセリングを受けながら自分自身と向き合い、少しずつ問題を自覚して解決していくことによって風俗通いをやめることができるのです。

ただ、本人にカウンセリングを受ける意思がまったくなければ効果が見込めませんので、少しでも受けてみようとなった段階でお申込みいただければと思います。

 

⇒「風俗通いをやめたい!」風俗依存症を改善するカウンセリング