対人恐怖症を克服できる専門のカウンセリング

もうしんどい!つらい対人恐怖症から早く解放されたいあなたへ

対人恐怖症克服後対人恐怖症は隠された本当の問題に気付き解決していくことによって克服できます。

カウンセラーとして仕事を始めた頃、私は思うような効果が出せず悩んでいました。

対人恐怖症に有効なはずの認知行動療法は効かず、自分が克服した方法は使えない、話を聴き続けても何も変わらない…どうすれば効果が出るのか試行錯誤を繰り返していたのです。

何とかしなければという必死の思いで、実際に現地で対人恐怖症の症状が出ている場面を見てアドバイスしたり、図書館で関連する本を血眼で読みあさったこともありました。

それでもなかなか思うような効果は出せなかったのですが、日々のカウンセリングや相談対応を諦めずに続けてきた結果、やっと対人恐怖症の本質に気付き最適な方法を見つけ出すことができたのです。

今あなたは「人からどう見られるか」「どう思われているか」を気にし過ぎてこのような症状で苦しんでいませんか?

  • 普通に楽しい会話ができず気まずい沈黙の間を作って相手に迷惑を掛けてしまう
  • 上司や同僚と何を話せば良いかわからず考えれば考えるほど頭が真っ白になって話せない
  • 視線を感じたり悪口を言われている気がするため外出したくなくなる
  • 人と接した後は何もやる気が起こらなくなるくらいどっと疲れてしまう
  • 不安や恐怖で頭がいっぱいで楽しい、嬉しいと感じることがほとんどない

「気にしなければいいだけだ」「誰も私のことなんて見ていない」と頭ではわかっているはずなのにおさまらない症状に苦しみ、日々人とかかわる場面を耐え続けるのは本当につらいですよね。

何とかしようと思って、本やインターネットで調べた方法を試しても改善しない、カウンセリングを受けても克服できない、薬を飲んでいるのに治らない…「もうこのまま生きていくしかないのか」と絶望的な気持ちになっておられるかもしれません。

症状をなくそうとする悪循環から抜け出せば対人恐怖症は克服できる

周りの反応が異常に気になって症状を隠そう、なくそうと考える。しかし、症状はおさまるどころか逆にどんどん気になってしまう。気になるから症状を隠そう、なくそうと考える…

これが対人恐怖症を克服できない悪循環です。

いかにして症状をなくすかばかり考えて、症状の裏側にある本当の問題が置き去りになっているから克服できないのです。

対人恐怖症を生み出している本当の問題は、

  • 親子関係や学校での人間関係等によって形成された習慣(固定観念)
  • 無自覚の莫大なストレスによる脳の機能低下
  • 無意識に抑え込んでいる感情や欲求
  • 「この症状さえなければ…」と希望的観測を抱く幼児的万能感
  • どうすれば回避できるかばかり考える逃避思考
  • 対人恐怖症のままでいようとするセルフイメージ

等にあり、症状というのは単に表面化したものに過ぎません。

つまり、症状をなくそうとするのではなく、根っこにある本当の問題を解決していくことによって対人恐怖症は克服できるのです。

まずは症状の裏側に隠された本当の問題に気付けるようにすること、そして、その問題を解決できるように心を成長させていくことを専門のカウンセリングでサポートしています。

対人恐怖症専門カウンセリングの特徴

nishihashicounselingはじめまして、心理カウンセラーの西橋康介と申します。

実は私自身、中学3年から社会人5年目までの11年間、対人恐怖症で苦しんだ経験があります。

とくに高校時代がひどく、周りの目が気になりすぎて自動販売機でジュース1本買えない状態でした。

「経験者だから対人恐怖症のつらさを理解してもらえる」とよく言われますが、それだけでなく毎月100件以上のカウンセリングや相談対応、対人恐怖症の症状が出る場面への現地同行が理解につながっているのではないかと感じています。

対人恐怖症専門カウンセリングは一般のカウンセリングのように話をお聴きするだけでなく、克服するために「今何をすればいいか」まで落とし込んだワークをご提案するのが一番の特徴です。

カウンセリングとカウンセリングの間でワークに取り組んでいただきながら進めていく形になるため、対面だけでなく、電話やスカイプでも同等の効果が出せるようになっています。

さらに、現在まで培った対人恐怖症克服ノウハウに基づくアドバイス、8年間の営業経験による対人恐怖症の状態でも上手くいくコミュニケーション方法のアドバイスを必要に応じておこなうことも効果を高めているのではないかと感じております。

もしあなたが対人恐怖症を克服できたら

  • 症状が出るかどうか意識することがなくなり純粋に会話を楽しめるようになる
  • 周りの目を気にせず自分が出掛けたいと思ったときに出掛けられるようになる
  • 食事会や飲み会で集まるときみんなの輪に入って楽しく話しながら食事できる
  • 素直に自分の気持ちを表現して上手に甘えられるようになり愛される存在になる
  • 自分で結論が出せるようになり一人でクヨクヨ考えて落ち込み続けることがなくなる

という風に変わって、「自分がどうしたいか」を中心に生きられるようになるため、頭で考えすぎることなく瞬間瞬間を楽しめる状態になっていきます。

人間性心理学の最も重要な生みの親と言われる歴史的心理学者アブラハム・マズローが提唱する人間の5大欲求の一つ「人とかかわりたい欲求」が満たされることになりますので、今までに味わったことのない幸福感を感じながら生活できるようになり、人生が180度変わったことを実感していただけます。

カウンセリングで対人恐怖症を克服できる人とできない人の違い

対人恐怖症は専門のカウンセリングで克服できるという話をしてきましたが、どんな人にでも100%効果が出る万能なものではありません。

当然、カウンセリングを受けても効果が出ない人はおられます。

カウンセリングはあくまでもサポートであるため、本人が変わろうとする自発的な意志がない限り効果は出ません。

回数を重ねても自分自身の問題と向き合うことから目を逸らし続ける、こちらからご提案する内容に対して取り組もうという意志がない、取り組んでいないのに取り組んだと嘘をつくという状態ではどうしようもないのです。

逆に、どんなに辛くても自分自身の問題と向き合おうとしている、こちらからご提案した内容に取り組む、取り組めなかったとしても取り組もうとはする、自主的に考えて取り組んでみるといった傾向が強い方であればあるほど短期間で克服されています。

※今の状態で取り組めないレベルのご提案は一切しておりませんのでご安心ください。

カウンセリング料金

60分 … 10,000円(税込)

90分 … 13,000円(税込)※対面のみ選択可

■対面、電話、スカイプとも同一料金となります。

■掲載している料金以外の金額を別途請求することはありません。

■次の予約に支障をきたすため当日の時間延長は基本的にお受けしておりません。

■料金のお支払方法は予約時にご案内させていただいております。(銀行振込orクレジットカード払)

カウンセリングを受けるまでの流れ

  1. カウンセリングの予約
  2. メールにて予約日時の調整
  3. 料金のお支払(対面の場合は現金後払い)
  4. 予約日時にカウンセリングを受ける

予約するかどうかの検討材料として事前にお問合せいただくことも可能です。

カウンセリングルーム概要

大阪市天王寺区悲田院町8-26 天王寺センターハイツ802(JR 天王寺駅から 徒歩3分)

営業時間 … 10:00~22:00(土、日、祝日も営業中、時間外の予約対応可)

対人恐怖症専門カウンセリング申込みボタン

※カウンセリングは自発的な意志によって効果を発揮するため継続の強要や引止めは一切おこなっておりません。

対人恐怖症に関する日々の研究と実績

人間科学部の大学教授やコミュニケーション専門学校の講師といった人間関係における権威の方々とも交流させていただきながら日々勉強し、対人恐怖症に特化したカウンセリングの実績を積み上げてまいりました。

satosankomiyasensei

始めた当初は月に数件でしたが現在は継続して月100件以上のカウンセリングをおこない、その経験の中で培ったノウハウを活かし日々いかに効果を高めるかを考えながら対応させていただいております。

「具体的に今何をすればいいか」まで落とし込んだアドバイスをおこなうスタイルであるため、対応件数を重ねて事例が増えれば増えるほどより効果的なカウンセリングをおこなうことができるのではと感じております。

お申込みの際によくいただくご質問

私の症状でも本当に克服できるのでしょうか?

カウンセリングを受けようかと考えたときに、自分の症状でも本当に効果が出るのかどうか、克服できるのかどうかという不安は感じて当然だと思います。

対人恐怖症を専門にカウンセリングをおこなってきた中で、視線恐怖症表情恐怖症雑談恐怖症醜形恐怖症自己臭恐怖症赤面症、多汗症など様々な症状に対応し克服された方を見てきましたが、ほぼ全員の方がその不安を抱えながらカウンセリングを受けられています。

20年以上悩んでいる症状の方でも、何をしても克服できなかった症状の方でも、発達障害を抱えている方でも、しっかりとお話をお聴きした上でその方に最適なプランを一緒に考えて、回を重ねるごとに軌道修正しながら対人恐怖症を克服するまでサポートさせていただいた実績があります。

「もう対人恐怖症は克服できないのでは」と諦めかけていた方も克服されていますが、どうしても気になる場合は事前にお問合せください。

どのくらいのペースでどのくらいの期間カウンセリングを受ければ克服できますか?

カウンセリングを受けていただくペースは月2回が比較的多いですが、経済的な事情等を考慮して月1回の方もおられます。

最短での克服をご希望の場合は、週1回のペースから始めて何をすればいいか自分で考えられる状態になってから少しずつ間隔を広げていく形が理想的です。

カウンセリングの期間は3ヶ月、6ヶ月…1年以上かかるケースもあり、人によって様々ですが5年、10年かかるようなことはまずありません。

可能な限り短期間、少ない回数で克服することを目標としてカウンセリングをおこなっておりますが、1回や2回で根本的な克服を望まれる方の期待には添えませんのでご遠慮ください。

対人恐怖症を根本的に克服するためには、再発防止を念頭に置いた中で自分中心の行動を習慣化させることが必要であり、そのためには最低3ヶ月の継続が必要となるからです。

カウンセリングは継続して受けていただくことで効果が出てくるものですが、自分の意思で続けていかないと効果が出づらくなるため、継続を強要することはしておりません。

初めて受けてみようと思うのですが「カウンセリング」というのは具体的に何をするのでしょうか?

実際におこなうのはカウンセラーと会話をすることだけです。

対面の場合は大阪にあるカウンセリングルームで、電話(スカイプ)の場合は電話越しで話をします。

話していただく内容は普段話せない症状のことや今悩んでいること、聞いて欲しいこと…何でもかまいません。思いついたことを話していただくとカウンセラーがあいづちを打ちながらしっかりとお聴きしながら必要に応じて質問をしていきます。

質問に対しては自分のタイミングで答えられる範囲で答える形で大丈夫です。

初回はまだ情報があまりないために話をお聴きすることが中心になりますが、最後に何かしら改善につながるアドバイスを具体的にさせていただきます。

カウンセラーに説教されたり、怒られたりされたりするのではと恐れる方もおられますが、そういった対応は改善につながりませんので一切おこなっておりません。ご安心ください。

カウンセリングを受け始めるタイミングは?

対人恐怖症で悩んでいる期間が長かった人ほど「もっと早くカウンセリングを受けておけばよかった…」と言われる通り、なるべく早く受けていただいた方が良いです。

今のままで過ごす10年と、対人恐怖症を克服して過ごす10年をイメージしてみてください。

本来、対人恐怖症と無縁であれば、同僚との会話を楽しんだり、友達を作って楽しく遊んだり、恋人と一緒に幸せな時間を共有したり、自分のやりたいことをやって人生を楽しめるはずなのに、対人恐怖症であるがゆえにあなたはその全てを失い続けるのです。

対人恐怖症は年齢と共に治ると思っている方もおられますが、治るキッカケとなる人とのかかわりを避けてしまう、症状へのこだわりから抜け出せない等の問題によって自然に治ることはほとんどありません。実際50代になっても治らずカウンセリングを受ける方もおられます。

以上のことから、なるべく早く受けていただく方が良いと言えるのですが、自発的な気持ちがないとカウンセリングの効果が出ないため、受けようという自発的な気持ちが出た段階が良いと思います。

対人恐怖症で苦しむ方への思い

nishihashi_profile私自身も経験者なので対人恐怖症がどれだけつらく苦しいものかよくわかります。

楽しそうな同級生に嫉妬しながら耐え続けた孤独感、聞こえるように悪口を言われても我慢するしかなかったつらさ、必死に考えて話したのに「お前、おもんないねん。もうしゃべるな」と言われたときの悲しみ、結婚式で手足が異常に震えてみんなに笑われたときの恥ずかしさ…

友達が0人だったことも、彼女ができなかったことも、暗いとしか言われなかったことも、今では笑い話として話せますが当時はつらくて苦しくて死にたい気持ちしかありませんでした。

そういう苦しみから少しでも早く抜け出してもらいたいので、どうすれば短期間で克服できるのかを必死に考えます。

「もう克服できないんじゃないか」と諦めかけておられるかもしれませんが、克服したいという気持ちを持ってカウンセリングを受けていただければ克服することはできます。

私と一緒に対人恐怖症を克服しましょう。

対人恐怖症専門カウンセリング申込みボタン

※現在、予約件数が増えている影響で土、日のご予約はご希望にそえないケースがありますので、ご了承ください。

※自分の症状でも克服できるのかどうか、電話で本当に克服できるのか、こんな悩みでもカウンセリングを受けていいのか等、気になる方は電話(06-6777-5726)またはメールでお申込み前にご相談いただけます。

このページの先頭へ