双極性障害と薬|うつ克服カウンセリング

双極性障害と薬の関係

双極性障害は抗うつ薬が中心となるうつ病とは異なり、リチウムやバルプロ酸といった気分安定薬が中心となります。

現在、リーマスなどのリチウムが第一選択肢として処方されているようです。

躁状態を引き起こす危険性があるため基本的に抗うつ薬は使用しませんが、うつ状態や不安、不眠が強く出てしまう場合等に抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬が処方されることがあります。

気分安定薬の副作用

気分安定薬は躁状態のときにもうつ状態のときにも効果的で、気分の上下幅を小さくしてくれる効果がありますが、副作用として中毒の危険性があるため有効血中濃度を測定しながらの治療となります。

薬によって異なりますが、副作用として手の震え、吐き気、息切れ、めまい、全身の倦怠感、発熱、食欲不振などがあると言われています。

薬の服用期間

気分安定薬の副作用が気になって途中で勝手にやめてしまいがちになりますが、長期間に渡っての服用が必要となります。

完治の判断が難しいため、治ったと思っても自己判断で勝手にやめずに主治医の指示に従いながら少しずつ薬の量を減らしていくことが必要です。

薬と両輪をなすカウンセリング

うつ病や他の精神病とも共通していることですが、薬で症状を抑えたとしてもその症状を生み出してる本人の考え方や物事の捉え方などの根本的な部分が改善されない限り、双極性障害を克服することはできません。

双極性障害は、気分安定薬で日々の症状を抑えながらカウンセリングを受けて克服していく形となります。

このページの先頭へ