双極性障害の症状|うつ克服カウンセリング

双極性障害の特徴的な症状

以下の通り、躁状態のときとうつ状態のときで正反対のような症状が表れます。

躁状態のとき

万能感に満ちて何でもできるような気分になります。

普段はあまり喋らないのに自分から積極的に話しかけるようになったり、やりたいことが次から次へと浮かんできて、自分では気付かないうちにオーバーヒートしていきます。

とくにⅠ型では、周りから異常だと見られるほどに変わり、高圧的な態度、注意力散漫、浪費、衝動的な性行動をとるという問題が起こりやすいと言われていますが、本人には異常な行動をしている自覚はありません。

クレジットカードで衝動買いをして多額の借金をしてしまったり、職場の同僚や友達に威圧的な態度で接して関係を壊したり、自分勝手な行動で相手に迷惑をかけたりしてしまう危険性があります。

うつ状態のとき

躁状態が終わるとうつ状態に切り替わります。

躁状態のときと打って変わって何事に対してもやる気がなくなり、眠れなくなったり、食欲を失ったり、疲れやすくなったりします。

仕事に行くのも困難で普通の生活すらしたくなくなって、ひどい時は起き上がることすらできず、一日中寝て過ごす状態になることもあります。

本人としては躁状態を理想としていることが多く、うつ状態になれば躁状態に戻ることを望むので、躁状態に戻そうと無理やり頑張って逆に疲れてどんどんうつ状態がひどくなっていきます。

何事もマイナス思考で考えて気付いたら自殺を考えてしまうまでになる危険性もあります。

万能感に満ちた躁状態からうつ状態になると、絶望的な気持ちになりやすく、しんどくて仕方なくなるのです。

躁状態のときに重ねた友達との約束や取り掛かった仕事などがうつ状態のときに残っているため、それが負担となって余計に苦しむケースもあります。

このページの先頭へ