うつ病克服カウンセリング|カウンセリングルームWILL

うつ病を克服する総合型カウンセリング

utsuうつ病は大きく以下の2つに分類されます。

1.単極生うつ病(うつ病)

ストレスを原因として憂鬱な気分、無価値感、希死念慮を抱く一般的に言われる「うつ」がこれに該当します。

2.双極性うつ病(躁うつ病、双極性障害)

テンション高く調子が良い躁状態と単極生うつ病と同じ抑うつ状態を一定期間毎に繰り返すもので、上下落差が激しいⅠ型と緩やかなⅡ型があります。

どちらも同じうつ病なのですが、それぞれ性質が異なるため、治し方も違ってきます。

また、単極生うつ病に似たものでうつ状態というものもあり、これは病気になる手前のような状態ですから薬が効かないケースがほとんどだと言われています。

以上のようにうつ病には複数の種類があり、それぞれ改善方法も異なるため、共通しているうつ状態を切り口にしてカウンセリングを受けながら、うつ病、うつ状態、双極性障害、その他の精神病等かを判別して病院への通院と併用していくのが改善への近道となります。

まずはダメージを受けた脳を回復させることが必要

長期間のうつ状態やうつ病の場合、脳にある海馬と扁桃体がダメージを受けています。

海馬は記憶を司り、扁桃体は感情を司る部分になりますから、記憶力が落ち、感情を上手くコントロールしたり表現することができなくなります。

脳がダメージを受けたままの状態ではカウンセリングで自己洞察をするのも難しいですから、まずは脳の機能を回復させることを優先します。この時期は薬を飲みながら休養したり、生活習慣や食生活の見直しをすることが必要ですので、カウンセリングというよりアドバイスという形でのサポートをさせていただきます。

カウンセリングを受けて話をしていくのは脳が回復してきてからです。この段階になればカウンセリングで話すことが脳の活性化につながり、理性をコントロールする前頭葉と本能を司る大脳辺縁系がバランス良く機能することで克服へと向かっていきます。

再発防止のために継続が必要

うつ病は再発しやすい病気だと言われており、双極性障害(躁うつ病)はとくに再発率が高くなっています。

再発をしないために大切なことはカウンセリングを定期的に受けながらストレスを発散する習慣を生活の中に取り入れていくことと、ストレスを生み出しやすい思考や物事の捉え方を変えていくことです。

今までのうつ病になりやすい習慣を変えておくことによって再発を防止することができるのです。

カウンセリング料金

10,000円 (60分)

【営業時間】

月~日曜日の週7日間(不定休のため予約がない日が休業日となります)

10:00~22:00(時間外対応可能)

【キャンセル規定、お支払い方法など】

■掲載している料金以外の金額を別途請求することはありません。また、時間延長や予約キャンセルの場合でも追加料金をいただくことはございません。

■料金のお支払方法は、現金払だけでなくクレジットカード払もお選びいただくことができます。(カードご利用明細上は「paypal*kindlyheart」と表示されますので、安心してご利用いただけます。)

■対面でのカウンセリング場所は「大阪市天王寺区悲田院町8-26 天王寺センターハイツ802」になります。

mousikomigreen

※カウンセリングの継続を強要することはありませんが、継続が必要と感じた場合はその旨をお伝えしております。

※自分の症状でも克服できるのかどうか、こんな悩みでもカウンセリングを受けていいのか等、お申込みの前に電話(スカイプ)で確認したい方はこちらから事前相談にお申込み下さい。

このページの先頭へ