病院を選ぶときのポイント

対人恐怖症と病院の選び方

精神科、心療内科、神経内科の違い

自分の症状からどの科を選べば良いかについて、以下のような違いを知っていれば判断しやすいかと思います。

診療科以外にも、診療所(クリニック)か病院かという違いもありますが、対人恐怖症で入院するケースは最近ありませんのでどちらでも良いかと思います。

精神科(神経科)

精神的な症状(不安、恐怖、緊張等)に対する治療を得意とする科。

症状から考えると、対人恐怖症で悩んでおられる方は基本的に精神科を選ぶことになります。

精神科は頭がおかしくなった人が行くところだ等という偏見が強かったため、○○メンタルクリニック、△△心療内科といった看板を出しているところが多いです。

心療内科

内科に属していて、ストレス等を原因とする身体的な症状(動悸、めまい、吐き気等)に対する外来治療を得意とする科。

対人恐怖症によって自律神経に異常をきたし、震えや動悸、吐き気、頭痛、多汗などの心身症を引き起こすケースはよくありますので、身体的な症状が辛い場合は選ぶと良いかもしれません。

精神科と併設して精神科医が担当していることも多く、実態としては精神科とほぼ同じと言われています。

神経内科

内科に属していて、脳や脊髄、神経、筋肉の異常から身体が不自由になる病気を扱う科。

神経の病気であるパーキンソン病や脳卒中後遺症などを治療するところです。

精神的な問題からの病気を扱う科ではないので、精神科(神経科)、心療内科とは異なります。

先生を選ぶ基準

先生選びに失敗すると改善どころか悪化する危険性も十分ありえます。

どんな先生が良いのか分からない場合は、以下の点を目安に慎重に判断してください。

初診でしっかりと話を聞いた上で診断して、薬の説明もしてくれる

正確な診断はしっかりと症状を聞いた上でしか判断できません。

にもかかわらず、ほとんど話を聞かず顔も見ないままに薬だけ出す先生もおられるそうです。

対人恐怖症は最近では社交不安障害、全般性不安障害、適応障害といった名称で診断されますが、妄想が強い場合は間違って統合失調症などと診断されるケースがあります。

間違った診断を元に出された薬は効果がなく、副作用が出て不信感だけが募りますので注意が必要です。

薬を多く出さない

主にベンゾジアゼピン系が使われる抗不安薬の場合、薬に依存してしまう危険性がありますので注意が必要です。

薬への依存や薬の血中濃度による副作用など詳しく説明した上で適量を処方してくれる先生を選びましょう。

少なくなってきているとは聞きますが、儲けのために薬をとにかく多く処方するところがありますので気を付けてください。

症状がつらいと言ってもやたらと薬の量を増やそうとしない

症状がつらいと言うと、ここぞとばかりに薬の量を増やしてくるところもあるようです。

こういうことをする先生も儲け主義の感覚が強いのではないかと思います。

確かに症状によっては一時的に薬を増やす必要があるのかもしれませんが、薬を増やすことによる弊害も考慮したうえで専門的見地からのアドバイスをしてくださる先生を選んでください。

※先生との相性もありますので、口コミの情報なども参考にしながら、直接問い合わせをしたり複数件まわってみて判断するのも良いと思います。

このページの先頭へ