性格、自分を変える

性格を変える?自分を変える?

対人恐怖症に悩んでおられる方が「性格を変えたい!」と思って、能力開発や自己啓発系のセミナー、宗教にはまることは往々にしてあります。

私もいろいろなセミナーに参加する中で実際にそういう人を見たこともあります。

しかし、性格は変わらずに、変わらない自分を責めたり、どうすれば良いか分からなくなって途方に暮れたりする方がほとんどです。

辞書を調べていただければ分かりますが性格とは「その人が生まれつき持っている固有の性質」です。

その生まれつきのものが変わるとすればあなたの人格は崩壊して、あなたはあなたではなくなってしまいます。(カルト宗教にはまると合宿などで本当に人格崩壊させられて性格が変わってしまうことはありますが…)

ですから、性格は変わらないのです。

「じゃあ、対人恐怖症は克服できないのか?」というと、そうではありません。

対人恐怖症の原因は性格というよりも、自分の考え方のクセにあります。

確かに、性格も対人恐怖症の原因にはなりえますが、それはほんの一部に過ぎません。

同じように対人恐怖症になりやすい性格を持っている人が全員対人恐怖症になるのかどうかを考えていただければ分かっていただけると思います。

対人恐怖症を克服するためには性格ではなく「自分の考え方のクセ」を変えることが必要なのです。

そして、自分の考え方のクセを変えることで、自分を変えることができるのです。

私が心理学を勉強した中で「自分と未来は変えられるが、他人と過去を変えることはできない」という言葉がありましたが、まさにその通りで自分を変えることはできます。

性格ではなく、自分の考え方のクセを変えていきましょう。

⇒対人恐怖症にはこういった考え方のクセがあります

このページの先頭へ