対人恐怖症と仕事の関係

対人恐怖症と仕事

対人恐怖症の辛さを我慢しながら仕事をしている方はこのまま続けた方がいいのかどうか、今から仕事に就こうと考えている方はどんな仕事を選べばいいのかといったことで悩んでおられることと思います。

実際にカウンセリングを受けている方から、休職している今の仕事を無理やり続けた方がいいかどうか、パートをしようと思うけど仕事内容はどんなのがいいかといったご質問をいただくことは多いです。

対人恐怖症でも仕事はした方が良いのか?

そもそもの話になりますが、対人恐怖症の方はできるなら仕事をした方が良いです。

なぜなら、仕事をすることによって必然的に人とかかわる機会を得ることができるからです。

仕事をせず人とかかわる機会を作らなければ不安や恐怖を感じずに済むので、今の時点ではつらさや苦しさから逃れることができますが、人とかかわる機会を避けてばかりいると自分を苦しめる間違った考え方がどんどん膨らんで対人恐怖症は悪化していきます。

ただ、対人恐怖症の症状が重度でどうしても仕事ができない場合や実家暮らしで仕事をしなくても生活できる場合などは、無理をしてまで仕事をする必要はありません。

その場合はカウンセリングを受けて、自分の本音に気付きながら行動して仕事ができる状態にしたり、以前の職場と同じような失敗を繰り返さないような準備をしっかりしていくことから始めましょう。

どんな仕事が良いの?

実際にアルバイトでも仕事をするというのは対人恐怖症の方にとって非常に苦痛です。

にもかかわらず、対人恐怖症を克服しようと意気込んで接客の仕事をやってしまう方は多いですが、頑張れば頑張るほど上手くいかなくなって余計に対人恐怖症を悪化させてしまうことになりかねません。

あまり人とかかわらないような仕事を短時間、短期間でもして人とかかわる機会を作る。

そして、少しずつ時間や期間を延ばしていく形が一番良いと思います。

私も過去対人恐怖症だった頃にアルバイトをしていましたが、夏休みの学校の掃除、百貨店の配送センターでお中元の仕分け業務、飲食店での配膳・片付け、総菜屋での洗い場・調理・片付けといった裏方の仕事しかできませんでした。

ハッキリ言ってどのバイト先でも無口で暗いという印象で誰ともほとんど話せなかったのですが、それぞれのバイト先で何かしらの対人経験を積むことはできていました。

本当は自分がやりたい仕事をやるのが一番いい

対人恐怖症の状態であればという前提で仕事の話をしてきましたが、本来は自分がやりたいと思う仕事をするのがベストです。

ただ、日々の症状に悩まされて「相手にどう思われるか、どう見られるか」ばかり考えている状態では、自分がやりたいことが何なのかすらわかりません。

自分がやりたい仕事が何なのかは、カウンセリングを受けながら無意識に抑え込んできた自分の本音に気付き、本音に従った行動を少しずつ繰り返していく中で知ることができます。

仕事というのは人生の大部分を占めるものであって、自分が稼がないと生活できない人にとっては必須のものです。

転職を繰り返して年齢を重ねていくと就職できる先もどんどんなくなってどうしようもない状態になりますから、仕事の内容や始める時期など慎重に判断してしっかりと準備をした上で仕事をするようにしてください。

対人恐怖症の状態で仕事をするとしてどんな仕事をどれくらいすれば良いか、タイミングとして今仕事を始めて良いのか等は個々の症状によって変わりますので、アドバイスが欲しい、次の職場では絶対に同じ失敗を繰り返したくないという方はカウンセリングにお申込みください。

このページの先頭へ