対人恐怖症による歪んだ考え方

対人恐怖症の歪んだ考え方

対人恐怖症の人は以下に挙げるような歪んだ考え方になってしまっています。

まず、自分がどんな歪んだ考え方をしてしまっているのかを知ることも対人恐怖症を克服していく上で大切です。

0か100か思考(白か黒か思考)

1~99が無く、少しでも欠けてしまうと0、できたとしても100でなければ0と同じと思う極端な考え方です。

過剰な一般化

過去に1、2回あったマイナスの出来事が常にどこででも起こると決め付ける考え方です。

マイナス面捜索思考

出来事に対してとにかくマイナス面を探して、それだけに執着して他の良い部分が見えなくなってしまう考え方です。

プラス面否定思考

客観的に見れば良いことを否定してしまう考え方です。良いことが起きてもたまたま良かっただけ、褒められてもお世辞に違いないと全面的に否定します。

勝手な読心術

相手の部分的な行動や発言だけで、相手はこう思っているに違いないと決め付けてしまう考え方です。

予言者

「やっぱり」と自分を納得させるかのように。誰も知りえない将来まで「一生友達ができず孤独だ」と考えたりもします。

破滅型思考

些細なことで最悪の事態を想定してしまう考え方です。

感情的な予測

事実ではなく自分の感情をあたかも事実であるかのように捉えて、それを根拠にして物事を判断する考え方です。

すべき思考

「~すべき」「~でなければならない」という考え方です。

自分への責任転嫁

自分と関係ないことまで自分の責任だと決め付けて自分を責める考え方です。

以上のような考え方の影響で、カウンセリングを受けて良い変化が起こってもなかなか認められないがために、克服までに時間がかかってしまうことがあります。

このページの先頭へ