「対人恐怖症を克服すること=症状をなくすこと」と考えている方は多いです。

  • 症状があるから外出できない
  • 症状があるから人と普通に話すことができない
  • 症状があるから電車で顔を上げることもできない

症状のせいで本来できるはずのことができなくなっている。

だから、症状をなくせば大丈夫になると思っています。

確かに対人恐怖症を克服することで症状はなくなるのですが、あくまでも結果にすぎません。

では、対人恐怖症の克服とは何なのでしょうか?

症状をなくすことを克服と考えた場合に起こる問題から、対人恐怖症の克服とはいったい何なのかについてお伝えします。

症状をなくそうとする頑張りは症状を悪化させる

症状をなくそうと思っている人は、症状をなくすことを目的として頑張ります。

  • 症状をなくすために無理やり外出する
  • 症状をなくすために無理やりでも自分から人に話しかける
  • 症状をなくすために無理やり電車で顔を上げる

やっていること自体は克服につながることかもしれません。

人と話すことも外出することも大切なことでしょう。

しかし、「症状をなくすために」と思って取り組んでいる時点で症状を意識していることになります。

症状は意識すればするほど悪化していくものですから、克服ではなく悪化につながってしまうんですよね。

日々苦しめられている症状をなくしたいと思うのは当然の感覚ですが、実は症状をなくそうとするその頑張りこそが対人恐怖症を維持・悪化させているのです。

症状をなくすことは人生の目的ではない

症状のことばかり考えて辛い毎日を過ごしていると、症状をなくすことが人生の目的であるかのように症状に固執してしまいます。

確かに症状がなくなれば、家から出られて、普通に人と話せて、好きなことができて、友達も作れて、彼女(彼氏)もできて、就職できて、結婚できて…と思われるかもしれません。

しかし、症状がなくなった先にある明るい未来は自分が求めて行動するからこそ得られるものであって、症状をなくすこととイコールではないのです。

明るい未来に向かって今の自分にできることをやっていくことが対人恐怖症の克服へとつながり、症状がなくなるという結果に至るだけ。

症状をなくすために中身のない日々をいくら過ごしても明るい未来につながることはありませんよね。

症状のことばかり考えて見失った本当の目的に目を向けてください。

対人恐怖症の克服とは?

症状ではなく自分の気持ちを中心に動いていくことで生まれるエネルギーが、症状のもとになる不安や恐怖を抱えられるようになったときに対人恐怖症は克服できたと言えます。

つまり、社交不安障害から回復することとは、人に対して緊張したり恥ずかしがったりするといった、社交不安傾向自体が消えることなどではない。もし社交不安傾向をまったく抱えていない人がいたとしたら、その人はおそらく、より深刻な病理を抱えているというほかないだろう。社交不安障害からの回復には、もちろん、社交不安傾向がある程度以下に抑えられるようになることも重要だが、より重要なのは、社交不安傾向自体は依然としてある程度は抱えていながらも、それとうまく折り合えるようになることにほかならない。

引用元:社交不安障害の臨床社会学に向けて、2013、浜松学院大学研究論集

※「社交不安障害」と書かれていますが、ほぼ対人恐怖症と同義です。

自分の気持ちを大切にする行動をとれるようになれば自分に軸ができてきますので、多少は他人の目を意識する部分があったとしても症状が出ることはありません。

不安や恐怖も大切な感情であり、自分を守ってくれるものです。

症状をなくそうとするということは、その大切な感情をなくそうとすることになってしまいます。

症状が出ているのは不安や恐怖が自分を守ってくれている状態。

自分の気持ちを中心にして生きられるようになれば、守ってもらわなくても大丈夫になるから症状が消えていくのです。

⇒対人恐怖症を克服するカウンセリングの詳細はこちら