サラリーマン時代、上司や同僚が間違った言葉を使っている場面に遭遇することがよくありました。

「朝の朝礼」とか「だんこんの世代」とか。

でも、特に上司に対しては面と向かって指摘すると角が立つし、間違ってるとわかっていながらも放置してしまうケースは多かったですね。

まあ、自分が嫌いな人に対しては間違ったままで放置して恥をかかせるという考えもありますし、例えば、心理学でしか使わないような「認知行動療法」等といった非日常的な言葉なら別に間違ったままにしておいても問題ないでしょう。

ただ、やっぱり人前でよく使う言葉の場合は、その人が恥をかく可能性が高いので、さりげなく修正してあげると感謝されやすいんですよね。

どうやってさりげなく間違いを修正するか?

正面切って「間違ってますよ」と言えば間違いなく反発を受けるでしょう。

「えっ?」と明らかにおかしいのを反応でアピールする方法を取る人もいるかもしれません。

本人が気付くのを待つ?

惜しい!

正しい言葉を連呼したり、強調したりするといいですね。

同じような言葉がおかしいという話をしてみるのも一つではあります。

本人が気付くようにサポートしてあげる感じです。

あくまでもさりげなく。

あからさまにやると直接指摘するより嫌な気持ちにさせてしまいます。

人は間違いを指摘されると固執してしまうので気を付けましょう。

たとえ間違いに気付いても後に引けないような感覚になってしまうんですよね。

コミュニケーションが上手い人は相手の間違った解釈に対しても「いや、そうじゃなくて」と言わずにさりげなく訂正しています。

今までの経験でどうすれば衝突せず受け取ってもらえるか感覚でわかっているんでしょう。

逆に下手な人は少しでも違うとすぐ「いや、」という否定から入って相手を不快にさせます。

どうすれば正面衝突せずにコミュニケーションが取れるか。

これはケースバイケースなので経験によって失敗を重ねながら掴んでいくしかありません。

冒頭で否定しましたが、直接本人に指摘するのも一対一の時に限定してやる分には問題なかったりします。

大切なポイントは「相手に恥をかかせず間違いに気付かせてあげるか」です。

とくにプライドが高い人には注意しましょう。

この方法はお客さん相手にも使えますので、営業とか接客の仕事をされている方もご活用ください。