怒るパワハラ上司

最近、職場でパワハラやモラハラを受けて困っているというご相談をいただくことが増えております。

上司からハラスメントを受けたとしても適当にあしらったり、怒ってケンカできるようなタイプであれば別に悩むこともないのですが、真に受けてしまったり、反撃できずに言われっぱなしになるタイプはすごくつらい思いをすることになるんですよね。

で、ハラスメントをする側も相手の反応を見てやるわけですから、ほとんどが後者のタイプをターゲットにします。

ですので、相手にハラスメントをやめさせる方法として一番効果が高いのが、ハラスメントを受けやすい後者のタイプから受けにくい前者のタイプに自分を変えることになるのです。

そのために何をするのか?

いろんな方法がありますが、現状ハラスメントをしてくる相手に対処できる方法や考え方を身に付けるのが良いと思います。

「どうすればハラスメントをやめさせることができるのか?」「もしハラスメントを受けたとしても受け流せるようになるのはどうすればいいのか?」といったことを考えて少しずつでも行動していく。

その結果、「私はハラスメントに対処できるんだ」という自信が持てるようになるので、適当にあしらったり、ケンカしたり、ケンカせずにうまく抑え込んだり、仲間にしたり…ハラスメントで悩むことはなくなるのです。

まずはパワハラ、モラハラそれぞれの対策をざっとお伝えして具体的な対策に入っていきます。

職場でパワーハラスメントを受けている方へ

過去に私が在籍したベンチャーの不動産会社にはパワハラ上司がいました。まさに今話題のブラック企業でしたので、パワハラされ放題でかなり精神的に追い込まれたことを覚えています。

その頃の私やそれ以外の被害者は全員、その上司の顔色を伺いながら「これを言ったらまた怒鳴られるんじゃないか」「もし失敗したら蹴られるんじゃないか」といった不安を抱えてビクビクしていました。まさに野獣に怯える小動物のように。

正直、怒られるのは嫌ですし、人格を否定されるようなことを言われるのも辛いですし、蹴られるのも棒で突かれるのも痛かったわけで、そういうことはできるだけ避けたいって必死に考えるんですよね。

でも、その状態になってしまうと相手の思うつぼで、余計に何か小さなことでも粗探しをして攻撃してくるようになってしまいます。

この悪循環から抜け出すコツは開き直ってその上司と対峙することしかありません。

そのために、万が一の事態に自分が何をするのか、何ができるのかを考えて準備しておくことが非常に有効です。

例えば、実際にやらないとしても法テラスなどの無料相談を活用して反撃する知識をつけておくとか、反抗してやめさせられた場合の転職先を探しておくとか、家族や身内に辞める可能性があることを告げておくとか、ある意味覚悟を決められるようなことを準備しておけばしておくほど開き直れるようになって、上司と対峙しやすくなるんですよね。

もし、あなたが攻撃的な人に怯える日々を過ごしておられるならこの方法は役立つと思います。

職場でモラルハラスメントを受けている方へ

少し前からパワハラと一緒に名前が挙がるようになったモラハラ(正式名称はモラルハラスメント)。言動や態度などで標的とする人に精神的もしくは身体的なダメージを与えて、職場を辞めざるを得ない状況に追い込む一種の陰湿ないじめのようなものです。

私自身も正社員として最後に勤めた会社でモラハラ上司の下で3年間働いた経験があるので、実際にどういう人がどういうことをやるのかはよく分かっています。

モラハラをする人は自己愛が非常に強い傾向があります。その度合いは人格障害の一つである自己愛性人格障害かと思われるほどのものです。 ですので、自分が優れていると評価されるため、自分が良く見られるために、相手の気持ちなど全く考えることなく平気で他人を貶めたり道具のように利用して苦しませます。

その状態が続くと、モラハラをされる側(モラハラターゲット)は相手の言動や行動にものすごく敏感になり、声を聞いたり送られてきたメールを見たりしたときだけでなく、近くにいるだけでも不安や恐怖を感じて、心がワナワナしたり過度の緊張状態が続くようになります。もし、隣の席同士であれば、莫大なストレスを抱えることになりますので、過呼吸やうつ状態などの危険性が高まります。

先程もお話したとおり、モラハラをする人は自己愛が非常に強いので、「辞めさせるぞ!」と怒鳴ったり、ネチネチと相手のできてない部分ばかりを取り上げて責めたりしながらも自分を正当化して評価を高めようとします。その結果、モラハラをされる側は自分のせいだと考えて自分を責めるようになってしまうので、うつ状態になる人が出てくるのです。

モラハラはパワハラやセクハラと違って、周囲に気づかれにくいため、他人に相談しても理解されづらい点を考えると、なかなか厄介なものだと思います。また、同じモラハラ上司の下で働いている同僚は、モラハラをされる側の人の味方につくと自分もターゲットにされる危険性があること、実際のモラハラを目の前で見ていることから、なかなか助けてくれないという面もありますからね。

このモラハラについての対策ですが、うつ状態になってしまわないためにも、まず応急処置として日々抱えてしまう莫大なストレスを解消することが挙げられます。

さらに、モラハラのターゲットにならないような人間関係の築き方を身に付けていくこと。そして、ターゲットになっていてもストレスを感じづらい考え方を身に付けることも非常に大切です。

また、人格を否定するような内容や罵声を浴びせられている場合は、携帯やスマートフォンなどでも使えるボイスレコーダーで録音しておくことで、証拠として使えるようになるので弁護士さんに相談して訴えることも可能となりますよ。

ハラスメントへの具体的な対策

前述の通り私自身もパワハラ、モラハラに苦しめられ死にたくなるほどの思いをした経験があります。

今振り返ってもよくあの状況を乗り切ったなと思うくらいです。本当につらくてつらくて仕方ありませんでした。

必死にインターネットや本で調べ、心理学を勉強しながら自分なりに考えて取り組んだ方法を5つにまとめています。

参考にしていただけると幸いです。

【ハラスメント対策①】相手を知り予測できるようになる

ハラスメント上司と上手くやっていくために大切なポイントの一つとして「反応を予測すること」が挙げられます。

自分がこういう発言(行動)をしたら上司はこういう反応をするだろう

といった感じのものですね。

もし、これができていないままに接していた場合、上司から指摘や指示を受けたときに「なんでそんなこと言われないといけないの?」という感じで反感を持ってイライラするケースが増えてしまいます。

以下は実際にあったケースです。

部下:「資料が作成できましたのでご確認をお願いします。」

上司:「う~ん…何かこのあたりの表現がおかしい気がするなぁ。もう一度、考えて作り直してよ。あっ、そういえば、この資料って誰かに見せて誤字脱字チェックしてもらっているよね?」

部下:「すみません、誰にもチェックしてもらってなかったです…」

上司:「は?いつも誰かに見せてチェックしてから出せって言ってるの聞いてる?」

部下:「申し訳ございませんでした。次回からはちゃんとチェックしてもらうように気をつけます。」

上司:「気を付けるって、それだけでちゃんとできるの?」

延々と上司のネチネチが続いて仕事ははかどらず、部下はイライラが募るばかり。

こういうケースを防ぐためにも、上司の反応を予測していくことはすごく大切なんですよね。

では、どうやって上司の反応を予測できるようにするのかというと、まず上司の性格、価値観、習性などを理解することになります。

  • 気が短いのか長いのか
  • 結論を急ぐのかプロセスを詳しく知りたいのか
  • 情にもろいのか薄情なのか
  • 細かいのか大雑把なのか
  • 資料を見て一発OKを出すのか必ず一回は突き返すのか
  • 話をするのが好きなのか聞くのが好きなのか
  • 褒めると喜ぶのか喜ばないのか
  • 自信家なのかそうでないのか
  • 自慢話ばかりするのか部下の話をちゃんと聞くのか
  • 自分の価値観を押し付けるのか押し付けないのか
  • 感情的なのか冷静なのか
  • 子供がいるのかいないのか
  • 記憶力が高いのか低いのか

などなど、詳しく見ていくといくらでもありますが、こういう情報をしっかりと収集できていればできているほど、上司の反応を予測しやすくなります。

そして、その情報を元に日々「上司はこういう反応をするかな?」と予測しながら対応していく。

そうすることで、自分がどうしたら上司がどう反応するかが当てられるようになりますので、怒られたり嫌な思いをしづらくなるだけでなく、良好な関係を築いて思い通りに動いてもらうことができるようにすらなります。

一朝一夕では難しいかもしれませんが、少しずつ続けていただければ必ず予測できるようになれますので、上司と上手くやっていきたいとお考えでしたらお試し下さいね。

【ハラスメント対策②】最悪のケースを想定してダメージを最小限にする

先日、友達と久しぶりに会ってきました。

保険会社に勤めていたときの同僚ですが、当時挨拶すらまともにできなかった私に話しかけてくれていた人でもあり、よく相談にも乗ってもらっていたので今でも感謝しています。

最近子供さんが生まれて幸せそうだったので私もすごく嬉しいです。

いつも駅で待ち合わせをするのですが、待っているときに思い出したことがあります。

それは会う約束を忘れられていた日があったことです。

でも、その友達は結構アバウトな性格なので「らしいな」と思ったのと、もう一つ私が対人関係で心がけていることのおかげで傷つきませんでした。

相手次第のことは最悪のケースを想定していたからです。

例えば今回のように人と会うケースであれば、忘れてて来ないというケースを想定しておくのがいいですね。

最悪のケースを想定していれば、その通りになっても「思っていた通りだ」と思えて傷つかないだけでなく、相手がそれ以上のことをしてくれたときには嬉しさも倍増します。

ほとんどの方は自分が望む対応をしてくれるケースを想定することが多いため、してくれなかった場合に余計な悲しみや怒りを感じてしまうのです。

ハラスメント上司に対しては書類を提出しても「どうせ重箱の隅をつつくように文句つけてくるんだろう」と考えたりしていました。

最初から完璧に作成せず提出してみるのもいいと思います。

一度試してみてください。

【ハラスメント対策③】人格攻撃を受け流す考え方を持つ

「この役立たず」

私が妻からよく言われる言葉ですが、これは相手を傷つける高い攻撃力を秘めた言葉です。基本的に怒らない私ですらイラッとしますからね。

この言葉を言われたらドMの人以外はものすごく不快な気持ちになると思います。

たぶん、本人は無意識で使っていると思うのですが、こういった攻撃性の高い言葉はケンカやトラブルを引き起こす危険性が高いです。

ですので、無意識に言っている相手に止めさせるのが一番良いのですが、口が悪い人やそういう表現をする習慣が染み付いてしまっている人の場合だとなかなか止めてくれません。そんな上司がいたら日々受ける精神的ダメージは計り知れないものになってしまいます。

では、そういう相手とかかわらざるをえない場合どうすれば良いのでしょうか?

例えば、もし相手から「役立たず」という言葉を浴びせられたケースで考えてみましょう。

真に受ければ「自分はダメなんじゃないか…」と悩んでしまうキッカケになりかねません。

もしくは「そんなことはない!」と怒って喧嘩になってしまう危険性もあります。

どうすればいいのでしょうか?

「そうだよね、確かにこの場面、このタイミングでの私は役立たずだったよね。」と心の中で唱えるのです。

これは単に自分を卑下しているわけでも開き直っているわけでもありません。

相手が役立たずだと思ったのは事実ですが、それは「その相手の主観によるこの場面、このタイミングの自分」という限定された自分に対してだけであって、「すべての人の視点によるすべての場面、タイミングの自分」に対してではないと切り離すのです。

裏を返せばその限定した場面以外の自分は役立たずではない、むしろ役立つ自分の場合すらありえます。

違う場面では賞賛されることもあるでしょう。

自分を否定されたり非難されたりしても、それはそのときの自分でしかないんですよね。

モラハラやパワハラをしてくる上司も人格攻撃をする言葉をよく使いますので、対策として使っていただくと良いかなと思います。

時間のムダでしかないと思うのも有効

以前梅田で電車の乗り換えをしていた際、後ろにいた男性から「タラタラ歩くなよ!早くしろ!」と言われたことがありました。

私は電車に乗る際はゆっくりなのですが、その方はせっかちなタイプだったのでイライラしたのだと思います。

こういうことがあったとき、イライラした相手を睨んだりしてよく喧嘩している場面を見かけます。

それだけ人の心に余裕がなくなっているんでしょうね。

心に余裕があれば、「まぁ、あの人はせっかちなタイプだからイライラしたんだろうな」と思うくらいですが、余裕がなければ「そんなことくらいでイライラしやがって!こっちは悪いことしてないのに!」と思って睨みつけたりするんですよね。

私もそういうケースでイライラすることもありますが、睨んだり喧嘩したりはしません。

それにはちゃんとした理由があります。

その理由は『時間のムダでしかないと思うから』です。

睨んだりして相手と喧嘩して自分にどんなメリットがあるのか?

確かにイライラした気持ちを相手にぶつけられるというのはあるかもしれません。

喧嘩に勝てれば自分が正しいと証明できるかもしれません。

でも、それができたから何だって話なんですよね。

別にそれで自分が幸せになれたり、目標に近付けるわけでもないのです。

あなたはムダなことに時間を費やして嫌な思いしてませんか?

ムダなことをして損をしないためには、「それをすることで本当に自分の為になるのか?」を自問する習慣が有効ですよ。

【ハラスメント対策④】嫌がらせをしてくる相手より優位に立つ

職場で上司や同僚から嫌がらせを受けていると、その嫌がらせをしてくる相手のことばかり考える状態になってしまいます。嫌で嫌で仕方ないヤツのはずなのに、なぜかずっとその人のことばかり考えてしまうって何か変ですよね。

でも、相手のことが嫌いだとか許せないとなってくるとやっぱりどうしてもその相手のことを考え続けて否定や批判をし続けます。

「また私のときだけ注意してきやがった」

「なんであんなに気分屋なんだろう」

とかですね。

相手が意図的にやっていようがやっていまいが、この相手の一挙手一挙動に心が左右されてしまっている時点で負けなのです。

相手に勝ちたい、ギャフンと言わせたいといくら考えていてもこの状態では勝てません。

完全に相手を意識して心を揺さぶられてるので、何かされるたびに反応して精神的にも肉体的にも疲れてしまうからです。

ですので、そういう嫌がらせをしてくる相手に対して勝つ秘訣というのは、相手の一挙手一挙動に反応せず相手を心理的に見下すことになります。

自分より明らかに劣っている相手に何かされたとしても、別にイライラしませんし、「あ~、またやってるわ」くらいの感じにしかならないからです。例えるなら、赤ちゃんか小さな子供として扱う感じですかね。小さな子供が嫌がらせしてきても「まぁ、子供やし」ってなるのと同じ感覚にすればどうでもよくなっていくわけです。

あなたと嫌がらせをしてくる相手との心理的上下関係はどうでしょうか?

もし、相手が下になってしまっているのなら負けっぱなしになりますので、逆転させるようにしていきましょう。

【ハラスメント対策⑤】反撃の準備を万端にしておく

僕自身もパワハラ上司、モラハラ上司、無責任上司に苦しめられた経験があるのでどれほど大変なのかよく分かるのですが、あることができるようになってから上司の攻撃をピタリとやめさせることができていました。

今日はその方法についてお話したいと思います。

パワハラやモラハラをしてくる上司はたいていターゲットを選定して、そのターゲットに対して攻撃をするという流れがあります。

ですので、そのターゲットになりさえしなければ攻撃されることがなくなるというわけです。

以前に紹介した方法が真っ当な方法となりますが、今回ご紹介する方法は「牙をちらつかせる」というちょっとスキル的な方法になります。

どういう方法かというと、「ぶち切れて辞表たたきつける覚悟がありますよ」とか「労基に駆け込むか弁護士連れてきて法的制裁を加える覚悟がありますよ」とか「誰かと協力して仕返しする覚悟がありますよ」とかを雰囲気として出す方法なのです。

どれが相手にとって困るのかは自分の立ち位置や相手の立ち位置などによって変わりますが、いざとなったら相手が困ることを捨て身でやる覚悟があるという「牙」を相手に感じさせます。

具体的に何をするかはすごく単純で、先程挙げたような相手を困らせることを実行できる準備を徹底的にしておくことなんですよね。

例えば、「労基に駆け込むか弁護士連れてきて法的制裁を加える覚悟がありますよ」という「牙」を見せるのであれば、ICレコーダーか何かで上司の発言を録音しておく、暴言、暴力があった日時と内容をメモしておく等、相手が逃げられない状態にするために必要な法的根拠が何かを調べ上げて準備しておく、労働問題に強い弁護士を探しておくとかが挙げられます。

いつでも実行できるように準備さえすれば、実際にやる必要はありません。

それがしっかりとできていれば自信となって、自分の雰囲気をガラッと変えてくれます。その「牙」が見え隠れする雰囲気に上司は攻撃しづらくなっていくわけです。

面倒くさいことかもしれませんが、本気で何とかしたいと思っている方はやってみてください。

【ハラスメント対策⑥】逆に特別扱いさせる

これは私自身が実際にやっていた方法なのですが、自分と性格的に合わない人が上司だった場合でも特別扱いを受けられる方法があります。

それは、すごく単純なことなんですが、職場で代用できない存在になるということです。

上司にとっても性格的に合わない部下はやりづらい存在であり、特にパワハラやモラハラをする感情に流されやすいタイプはそういう部下を排除したがるものです。

ですので、もしその部下が他と代えがきく存在でしかなければ、辞めさせるようにしむけてきますし、上司も強気に出やすいので「辞めたいなら辞めろ」と口で言ってくるケースすらあります。

でも、代えがきかないほど仕事ができて、さらに他の同僚からも信頼が厚い、尊敬の眼差しで見られている等、他の人では代用できないほどの存在になっていた場合には、辞めさせたくても辞めさせられないどころか、他の社員の目もあるので気を遣って接しないといけない。辞められないように居心地良いと思わせないといけないといったことまで考えざるをえなくなるのです。

上司、部下という関係である以上、たしかに上司の方が立場が上のはずですが、その部下には逆らえない。他の部下には注意できることがその部下にだけは注意できないという状態にまでなっていくんですよね。

代用できない存在になった部下は立場関係なくめちゃくちゃ強いです。

ただ、そのためには向上心を持って、自分を高めていくことは当然必要で、周りの人の何倍、何十倍以上も努力する必要があります(最初だけですが)。そして、ある一定にレベルに達したら努力しなくても自然と他の人とは別次元の能力を発揮できるようになるので、仕事にも人間関係にも苦労することがなくなります。

もし、あなたがそうなりたいとお考えであれば、以下のいずれかをやってみてください。

  • 異業種交流会に参加していろんな企業のトップと名刺交換する
  • 何でも構わないので個人事業主として事業をおこして売上を発生させる(副業として)
  • 難関資格を取るために勉強する
  • 今の仕事のやり方を抜本的に変えるやり方を考えて実行する

私は全部やったので短期間でなれましたが、どれか一つだけでもできれば近づくことはできますよ。