「もし、対人恐怖症がなかったら今どういう生活をしていますか?」具体的に教えてください。

と言われても答えられないですよね。

だから、対人恐怖症で悩む状態が続いているのです。

いきなりでびっくりされたかもしれませんが、この質問にパッと答えられる人はすでに克服しているでしょう。

人間の脳は具体的にイメージできる臨場感が高いことを現実化します。

症状がなくなった状態が漠然としていて、症状がある状態が具体的で臨場感が高いとなれば症状がある状態が現実化されてしまう。

症状がある状態が続いてしまうわけです。

具体的で臨場感の高いことが現実になるという話はイチロー選手の卒業文集が有名ですよね。

「プロ野球選手になる」という漠然としたものではなく、プロ野球選手になるまでの過程、今何をすべきかまで具体的に描かれています。

対人恐怖症がなかった場合の生活を具体化させることの必要性をわかっていただけたでしょうか。

対人恐怖症がない生活ってどんな感じ?

今の自分をベースにすると難しいので、対人恐怖症で悩んでいない人の生活を考えてみるとわかりやすいです。

当然ながら症状について考えることはありません。

多少なり「他人からどう見られているか」を気にすることはあっても、とらわれて一日中考えたりすることはないですよね。

だから、たいていは自分の好きなことや興味関心があること、自分にとって大切なことを中心に考えて日々を過ごしています。

美味しいものを食べに行くのが好きな人であれば「今度の週末はどこに食べにいこうかな」「どのお店がいいかな」なんて考えていたり。

スマホのゲームにハマっている人であれば「次のイベントはいつ始まるのかな」「あのキャラ欲しいな」とか考えたりするわけです。

試験に向けて勉強のことで頭がいっぱいの人もいるでしょうし、転職を考えている人もいると思います。

パソコンをどうすれば安く買えるか考えて必死に調べているかもしれません。

友達関係や恋愛のこと、子育てで悩んでいる人もいるでしょう。

今、対人恐怖症で悩み症状のことばかり考えている人も、本来ならこういうことをメインに考えるはずなのです。

対人恐怖症がない生活を具体化して臨場感を持たせることで改善に向かう

しかし、現状は症状のことばかり考えていて、どうすれば症状がなくせるかをネットで調べまくったり、関連する本を読んだり、さっき会った人に嫌われたんじゃないかと考えたり、来週の飲み会をどうやって断ろうと考えたり…

この状態のままで対人恐怖症がなかった場合の生活を考えてもなかなか臨場感が生まれません。

他人事のようになってしまうだけです。

どうすれば臨場感が生まれるのか?

ほんの少しだけでもいいから対人恐怖症がなかった場合の生活を今の生活に取り入れていくのです。

実際に行動を起こすのが難しいのであれば本来考えたいはずのことに意識を向けることからでもかまいません。

比率が高まれば高まるほど臨場感が高まっていきます。

対人恐怖症がなかった場合の生活に近づくわけですから当然ですよね。

ただ、自分が本来考えたいはずの「自分の好きなことや興味関心があること、自分にとって大切なこと」を見失っている場合は、カウンセリングで少しずつ見つけていくことからになります。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら