上手くコミュニケーションが取れないと、人とのかかわりで本当に苦労しますよね。

私自身も大変な思いをしてきました。

コミュニケーション能力が低いとかの次元じゃなくて、ないんじゃないかと思っているかもしれません。

ご存知の通りコミュニケーション能力は採用選考基準の一位となるくらいビジネスで重要視されています。

当然ながら評価や昇進にも密接にかかわっていて、仕事のスキルが高くなくともコミュニケーションが上手く取れれば評価されるという仕組みです。

コミュニケーション能力が高い人と言えば、「しゃべりが上手い人」「面白い話ができる人」「話題が豊富な人」というイメージではないでしょうか。

しかし、本当にコミュニケーション能力が高い人は話を聞く力を持っています

明石家さんまさん、タモリさんといった話し上手と言われる芸能人の方を思い出してください。

相手の話をしっかり聞くことで意図を上手く汲み取って、それを話題として広げることで上手く話してますから。

コミュニケーション能力がないほど低いと思っている人は間違いなく社交的な人を過大評価しています。

極端な話よくしゃべっているだけですごいと思ってしまうくらいに。

でも、実際は社交的と言われる人もできていないところがある、むしろコミュ障と言われる人の方が優位なところもあったりするんですよね。

意外と話を聞けていない人が多いという事実

あるアンケートで「あなたは人の話をちゃんと聞けていますか?」という質問を受けたとき、50%以上の人が「聞けている」と答えたそうです。

私自身、カウンセラーとして活動する中で「聞くこと」は基本中の基本なのですが、意外と難しくてできている人に会うことがほとんどありません。

その確率から考えても「50%以上はないだろ」って思いました。

以前通っていた整骨院の先生とのやり取りですが、たいていの人はこんな感じのコミュニケーションを取っています。

私:「こないだ天橋立に行ったんですけど、あの辺りはめちゃくちゃ遠いですよね。」

相手:「あ~、天橋立って京都の北の方ですよね?実は私近くに住んでたことがありまして…そのとき付き合ってた彼女がね…(延々と続く)」

相手の話を自分の話にすり替える、話を聞けてない人にありがちなパターン。

私は心の中で「いやいや、あなたの彼女の話とか別に聞きたくないし」って思いながら聞いてました(笑)

よくしゃべる人ってこういう人多いんですよね。

「あなたは人の話をちゃんと聞けていますか?」という質問に対して、自信持って「聞けている」と言う人はたいてい聞けていない。

そもそも話を聞くことを軽視しているから「聞けている」と言えてしまう。

よくしゃべる社交的な人に多いのは、人間関係で悩むことがないからだと思います。

話が聞けるコミュニケーション上手を目指せばいい

人の話が聞けるコミュニケーション上手な人には以下のような特徴がみられます。

  • 相手の話を途中で遮らずに最後まで聞ける「忍耐力」
  • わからないことを正直に質問できる「素直さ」
  • 話の背景を想像しながら聞ける「想像力」
  • 相手の話が膨らみやすい質問ができる「質問力」

実は社交的な人より内向的な人の方が素質があったりするんですよね。

話を聞くしかできず我慢が習慣化しているから忍耐力があったり、マウントを取ろうとしても勝てないから素直に聞く感じになったり…

想像力や質問力は乏しい人が多いかもしれませんが。

どこができていて、どこができていないかも、自分のコミュニケーションを振り返って考えてみてください。

まずは「自分が話を聞けていない」ということに気付くこと、そして、それを認めることが人の話を聞けるようになるための第一ステップです。

「話し上手は聞き上手」と言われるように、聞き上手になれば、必然的に話し上手にもなれます。

相手の真意や意図を汲み取って話せるようになるから話し上手になるんですよね。

コミュニケーション能力が高まると必然的に人から好かれやすく尊敬されやすくなり、今まで嫌われていた同僚や低い評価を受けていた上司との関係を変えていくことだってできます。

ただ、表面だけ取り繕ってスキルであるように見せかけても何も変わりません。

自然とできるようになって初めて上手くいくようになります。

そのためには普段から聞くことを習慣化させて聞く力をつけたり、さらにその根本にある人間力を高めたりすることがどうしても必要となるのです。