相手の間違いに気付いて教えてあげたいと思ってもなかなか勇気がいりますよね。

指摘したら気分を害するかもしれない、怒らせてしまうかもしれない、嫌われてしまうかもしれない…

気付かなかったふりをしておくのがいいかと思いつつ、放置すると後々問題が起こるケースだと避けられない。

相手が上司だったり、プライドの高い人だったりすると余計に言いづらいと思います。

どうすれば相手の気分を害さずに間違いを指摘することができるのでしょうか?

本人が気付けるようにサポートする

サラリーマン時代、上司や同僚が間違った言葉を使っている場面に遭遇することがよくありました。

「朝の朝礼」とか「だんこんの世代」とか。

でも、特に上司に対しては面と向かって指摘すると角が立つし、間違ってるとわかっていながらも放置してしまうケースは多かったですね。

まあ、自分が嫌いな人に対しては間違ったままで放置して恥をかかせるという考えもありますし、非日常的な言葉なら別に間違ったままにしておいても問題ないでしょう。

ただ、やっぱり人前でよく使う言葉の場合は、その人が恥をかく可能性が高いので、さりげなく修正してあげると感謝されやすかったりします。

どうやってさりげなく間違いを修正するか?

正しい言葉を連呼したり、強調したりするのです。

同じような言葉がおかしいという話をしてみるのも一つではあります。

本人が気付くようにサポートしてあげる感じです。

あくまでもさりげなく。

あからさまにやると直接指摘するより嫌な気持ちにさせてしまいます。

人は間違いを指摘されると固執してしまうので気を付けてください。

間違いだと気付いているのに間違いを認めない状態になってしまいますから。

コミュニケーションが上手い人は相手の間違いに「いや、そうじゃなくて」と言わずにさりげなく訂正しています。

今までの経験でどうすれば衝突せず受け取ってもらえるか感覚でわかっているんでしょうね。

逆に下手な人は少しでも違うとすぐ「いや、」という否定から入って相手を不快にさせます。

どうすれば正面衝突せずにコミュニケーションが取れるか。

直接本人に指摘するのも一対一の時に限定してやる分には問題なかったりします。

大切なポイントは「相手に恥をかかせず間違いに気付かせてあげるか」です。

この方法はお客さん相手にも使えますので、営業とか接客の仕事をされている方もご活用ください。

相手が納得できるポイントを一緒に探す

事例を挙げるとわかりやすいと思いますので、転職してきたAさんが必要のない作業を義務感にかられて必死に頑張って苦しんでいる同僚(Bさん)を見かねて、その作業はやらなくていいと指摘するシチュエーションをご覧ください。

失敗例

Aさん:「その作業大変じゃないですか?」

Bさん:「そうですね、でもやらないといけないんで…これがなかったら仕事だいぶ楽になるんですけどね」

Aさん:「じゃあ、やめたらいいんじゃないですか?実はすごく大変そうだなって思って見てたんですよ」

Bさん:「大変なんですけど、今までずっとやってきたことなんで簡単には変えれないんですよね」

Aさん:「Bさん、仕事で大切なことって何かわかります?」

Bさん:「えっ?う~ん…何でしょう…」

Aさん:「仕事っていうのはいかに効率よくするか、そして日々改善していくことが大切なんですよ。変えることを恐れていたら仕事なんてできないですよ」

Bさん:「でも、いきなり変えてミスが起こったらどうするんですか?」

Aさん:「変えたら絶対にミスが起こるって言えます?」

Bさん:「いえ、絶対ではないと思います」

Aさん:「とりあえずやってみましょうよ。やってみてどうかだと思うんです」

Bさん:「はぁ…」

成功例

Aさん:「その作業大変じゃないですか?」

Bさん:「そうですね、でもやらないといけないんで…これがなかったら仕事だいぶ楽になるんですけどね」

Aさん:「そうですか…難しいですね。ちなみにこの作業って何のためにされてるんですか?」

Bさん:「う~ん、前任者からの引継ぎでこうするようにと言われたので何のためにって聞かれると困ります」

Aさん:「引継ぎで言われたからされているんですね。昔からこのやり方なんでしょうかね」

Bさん:「どうでしょう。その辺は全然わからないです」

Aさん:「ですよね…他の方ってこの作業のこと知ってるんですか?」

Bさん:「いえ、私しかやってないので誰も知らないです」

Aさん:「Cさん(上司)も知らないんですか?」

Bさん:「はい、細かい仕事の進め方は任されてますので」

Aさん:「それでもこの作業を続けてる意味って何かあるんでしょうかね」

Bさん:「いえ、別に意味はないんですけどね…」

Aさん:「そうですか…そういえば、私が前にいた職場でも同じようなケースがあって今までのやり方変えてミスが起こったりするのを気にされてたんですけど、そういうのもないですか?」

Bさん:「たしかにミスは恐いですね。それはあると思います」

Aさん:「そもそも、この作業って何かの役には立ってるんですかね?」

Bさん:「いえ、とくに何の役にも立ってないです…よく考えてみるとこれ意味ないですね(笑)」

Aさん:「ですね(笑)」

Bさん:「今まで考えずにやってましたけど、面倒くさいだけなのでやめましょうか」

失敗例は私がされて嫌だった指摘の仕方を参考に、成功例は以前パソコンのインストラクター的な仕事をしていたときにやっていた私の指摘の仕方を例に作ってみました。

Bさんになったつもりで考えていただくとわかっていただけると思いますが、失敗例の場合すごく嫌な気分になります。

一応、相手の意見を聞いてますし、その上で指摘をしているのですが、Bさんがなぜ必要のない作業を続けているのかを無視していることが問題なのです。

作業自体に意味はなくとも、本人は意味があると思ってやってますから。

そもそも、本人が意味ないと自覚してるならすでにやめてます。

やめられないのにも理由があるのです。その理由が何なのか、今回のケースで言うと「引き継がれた方法を変えてミスをするのが恐いと無意識に思っていたから」であり、その不安を本人が自覚して意味がないと気付けばやめようと勝手に考えるのです。

相手に指摘するときは、相手がなぜ今の方法をやってしまうのかを考えながら、相手が納得できるポイントを一緒に探すようにすると上手くいきます。

失敗例のようなコミュニケーションを取る人は相手を自分の思い通りにしたい欲求が強いのですが、ほとんど自覚できていません。

まず自分の中に思い通りにしたい欲求が強くあることを知り、なぜ強いのかを掘り下げて考えていくことが必要です。