人と仲良くなりたいなら自己開示、自分のことを話す必要があります。

しかし、自分のことを話せばボロが出て嫌われるんじゃないか…

ダメな自分、友達として選ばれないであろう自分を隠したい、知られたくない。

仲良くなりたいから話したいのに話せない状態になっています。

話しかけてもらえたら嬉しい反面、会話が続かないから困る。

距離を縮めたいのに壁を作っているわけです。

ハリネズミの暖め合いみたいなアンビバレントを解消し、どうすれば人と仲良くなれるのかをお伝えしていきます。

人と仲良くなれない原因

好かれも嫌われもしない関係を保っている

人との関係を深めて仲良くなれない人は、自分の人生を自分の意志で生きることができていません。

例えば、

  • 定食屋に行きたいけどみんながパスタと言ってるから言わない
  • 本当は嫌なのに同僚の目を気にして飲み会に参加する
  • みんなが上司の意見に同意してるから自分も同意する

こんな感じで日々を過ごしてるんですよね。

「自分の意見はないのか?」って言われそうですが、波風立てずに穏便にがテーマの人にとって自分の意見を言うことほど大変なことはありません。

私自身も対人恐怖症で悩んでいた頃はできるだけ自分の意見は押し込めて、周りに合わせることばかり考えていたからよくわかります。

でも、自分の意見を出さない、自分の意思を示さないということばかりしていると、周りから「何考えてるか分からない」とか「何か壁を感じるのよね」と思われてしまうので、波風立てない代わりに意図せず相手との距離や壁を作ってしまってるんですよね。

嫌われない代わりに好かれもしない…

それでもいいと思うなら今のままでいればいいでしょう。

本当の自分を偽って演じている

テレビに映るときは明るくて面白いのに、プライベートでは内向的、人見知りと言われる芸能人は結構います。

ナインティナインの岡村隆史さんは有名ですよね。

精神的に苦しんで休養する人もいればそこまでいかない人もいますが、芸能生活で表面的にうまくいっても本質的にはうまくいかないまま。

ストレスを溜め込んでうつやパニック障害等に苦しむことになったりするわけです。

職場や家庭ではできる人、面白い人と評価されているけど、そういうコミュニティを離れた途端、人を避けるような生活をしていませんか?

周りに合わせて作った自分を演じるのも同じようなもの。

作った自分なら表面上は上手くいくけど、本当の自分じゃないから関係は深まらない。

変えていくためには作らずに人と接することが必要なのです。

人と仲良くなっていくために

嫌われる怖さを感じながら限定的にチャレンジ

好かれたい、友達を作りたい、楽しく人付き合いがしたいと思うなら、嫌われる危険性を抱える必要があります。

つまり、自分の意見を出す、自分の意志を示すことが必要なのです。

ただ、いきなり何事にも誰に対してもやるのは難しいと思いますので、限定的でいいと思います。

話しやすい人だけにやるとか、嫌われる危険性が比較的低いと感じることにだけやるとか。

  • やりたいならやる
  • やりたくてもやらないと決めたならやらない
  • やりたくないならやらない
  • やりたくなくてもやると決めたならやる
  • 自分で決めてそれを相手に対して表現すること

繰り返してやっていけば大きな変化につながっていきます。

今の自分にできそうなことから少しずつ

いきなり自分から話しかけたりすることはできません。

まずは普段避けている人に少しだけかかわろうとすることから。

近所の人に会ったときに会釈だけでもしてみるとか、スーパーで商品の場所を聞いてみるとか。

自分ができそうだと思えることに取り組んでみることが現状を変える糸口となります。

もし、具体的にどんなことをすればいいかわからない、一人では難しいと思われるのであればカウンセリングでサポートさせていただくことも可能です。

とにかく実際に行動して、現状を変えていきましょう。