カウンセリングに通っても良くならなかったという方からご相談いただくケースが増えていますが、以前のカウンセリングで話していた内容をお聴きするとなぜ良くならなかったかがわかります。

カウンセリングで症状の話か他人の話しかされてなかったのです。

対人恐怖症を克服するためにカウンセリングで話す内容は、症状の話でも他人の話でもありません。

自分の話です。

自分がどう思ったか、自分がどう感じたか、自分が何に気付いたか。

カウンセリングでこの話をして自分の本音と向き合うこと。そして、日々の行動、性格と言えるほど根付いた無意識の習慣を変えていくことによって、対人恐怖症は克服へと向かいます。

つまり、カウンセリングを100回受けようが、症状を抑えるためにどうしよう、変わらない他人をどうしようという話ばかりしていても、対人恐怖症は克服できないということなのです。

今日のメルマガでは、この症状の話をしていても克服できないという点について、掘り下げて書いてみます。

人の目が気になって外出できない、人と目が合わせられない、人を睨んで迷惑を掛けてしまう、普通に会話ができず気まずい雰囲気にしてしまう、脇見をして迷惑を掛けてしまう、顔が強張って相手に嫌な感じを与えてしまう、口元が震えてしまう、小さな声しか出せなくなってしまう、頭が真っ白になって話せなくなる…

対人恐怖症の症状として様々なものが挙げられますが、これらはすべて本質的な問題が置き換えられた結果にすぎません。

にもかかわらず、対人恐怖症を克服したい方は、この結果を変えようと頑張ります。

頑張っても頑張っても元々の問題には何も働きかけをしていないため、何をやっても克服できないという結果に至るのです。

では、本質的な問題とはいったい何なのでしょうか?

それは置き去りにしてきた自分の感情、願望、夢…
どこかで諦めて投げ出したまま表面的にやりすごしている習慣です。

「本当はこう思っているんだ」

「本当ならこうしたい」

「本当ならこうなりたい」

日々の生活習慣、とくに人との関係において押し込められてきた自分の本音が、我慢の限界に達したとき表面化するのが症状なのです。

ですので、もし症状がなくなる魔法の薬があって症状をなくすことができたとしても、今のしんどさ、つらさは改善しません。

今の症状がなくなっても違う症状に苦しめられるだけになるからです。

日々のつらさから「この症状さえなければ…」という希望的観測を抱くことは当然だと思いますし、そう思わない人はいないと思います。

ただ、そこにこだわっている限り対人恐怖症を克服することができないという事実を知っていただき、本質的な問題を解決するために何をすればいいかを考えて欲しいのです。

自分の本音を押し込めてきた期間が長い、もしくは、症状へのこだわり度合いが強い場合、克服するために必要な自分の本音と向き合うことを無意識に避ける傾向が強くなっています。

カウンセリングに通っても避けよう避けようと症状の話ばかりしてしまうため、ちゃんと自分の話をするように軌道修正してくれるカウンセラーを選ぶようにしてください。

上手くいくコミュニケーション方法の体得も必要

心理学をしっかりと学び、カウンセリング実績を数多く積んでいるカウンセラーであったとしても、コミュニケーション能力に長けていないカウンセラーは数多くいます。

そういうカウンセラーがおこなうカウンセリングを私は普通のカウンセリングだと思っています。

対人恐怖症は不安や恐怖が先立って人とのかかわりを避けてしまう神経症ですから、その期間が長ければ長いほど自然な上手くいくコミュニケーションのとり方を忘れてしまっています。

ですので、普通のカウンセリングで物事の捉え方や考え方が変わって不安や恐怖の日々から脱出できたとしても、日常の中での人間関係、コミュニケーションでつまづいてまた悩んでしまうわけです。

それがキッカケとなって対人恐怖症を再発させるケースもあります。

つまり、対人恐怖症を本当の意味で克服するためには、

普通のカウンセリング+自然に上手くいくコミュニケーション方法の体得

が必要だということです。

これは克服するにあたって非常に大切なことですので覚えておいてくださいね。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら