よく通っている近くのコンビニの店員さん、シフト制なのでいろんな人と会うのですが、無理して笑顔を作る人と作らない人がいます。

やっぱり無理して笑顔を作っている人がレジをしてくれるときは、こちらも何か変な神経を使ってしまう部分があってレジという一瞬の時間だけでも接しづらさを感じます。

接客業なので「お客様と接するときは笑顔で」と指導されるのでしょうが、笑顔になるのが得意じゃない人がやるとどうしても顔が引きつるんですよね。

この状態を改善するために有効なことは、無理に笑顔になろうとしないことです。

でも、「笑顔にならないようにしよう!」と思ってもそれはできないので代わりになる方法を探して、それをやるようにします。

笑顔になる目的は何でしょうか?



お客様に良い印象を与えるためですよね?

ですので、笑顔にならなくてもお客様に良い印象を与えることができる方法なら、代わりの方法として使えるわけです。

自分が何のために仕事をしているのかという目的や仕事の対するやりがいを意識していく中で、笑顔になる人もいれば真剣な眼差しになる人もいるでしょう。

どんな仕事にでも真剣に取り組んでお客さんのためを思っているのなら、多少顔が怖かろうが引きつってようがにじみ出る雰囲気がカバーしてくれます。

安心して笑顔の代わりの方法にチャレンジしていただければと思います。

笑顔になろうとせず自然と笑顔になれる方法を探す

「笑顔が好かれる、印象がいい。だから無理やりでも笑顔にする」

これは一見筋が通っているように思えますが、よく考えてみるとおかしくないでしょうか?

もともと笑顔になるのは、何か楽しいことや嬉しいこと、面白いことがあったりするからですよね?(そうでないと笑顔になんてなれません。)

にもかかわらず、無理してやるからぎこちない笑顔になったり、引きつったりしてしまうのです。

そして、自分でもぎこちないと感じるので余計に自分の表情が気になるという悪循環にはまってしまいます。

無理をして作っている笑顔はどうしても不自然さが残るので、他人が見たら作ってることくらいだいたいわかります。

そんな見え透いた作り笑顔のために悩み苦しむ必要はありません。

笑顔を作ろうと頑張れるなら、その頑張りエネルギーを違うところに使ってください。

  • 自分がやりたいことや目標を探して取り組む
  • 自分の感情を素直に表現する機会を増やす
  • 自然に笑顔が出るような日々の幸せを感じられるようにする

自分の人生をよりよいものにしていく行動であれば何でも大丈夫です。

その積み重ねが自然な笑顔、満たされた表情を作り出してくれますからね。