対人恐怖症で悩んでいる方に共通していること

それは、【頭ではわかっている】ということです。

「自分が思っているほど相手は気にしていない」

「実際に見られているはずがない」

こんなことは、言われなくてもわかっているのです。

わかっているのにどうしても気になってしまうから苦しみます。

だから、いくら理屈を知っても効果はありません。

こうすればいいだけと頭では理解しているのですから。

わかっていることを実際に行動してみて経験する。

経験した中で実感を得ることによって初めて変化が出てくるのです。

頭で理解していることをさらに理解させたところで何も変わりはしません。

現実はやってみないとわからないものばかり。

インターネットや本で集めた情報が絶対とは言い切れないですからね。

例えば、「自己中な人は嫌われる」という情報があっても、実際は自己中でも好かれている人なんていくらでもいます。

男性は強い方がモテるなんてのも、実際は母性本能をくすぐる放っておけないタイプがモテたり。

掲示板で相談したら無理だって言われたことが実際やってみたら成功することだってある。

あくまでも一つの考え方、一つの意見に過ぎないということです。

人間は何かを感じて、考えて、行動して成長していきます。

人それぞれの感じ方、考え方があるので、同じことを経験しても感じることは違うはず。

十人十色です。

インターネットで簡単に情報が入る時代になったことで、自分が経験して感じることがなくなり成長できなくなっているのではと私は思っています。

初めてのことをやるにあたって不安がつきまとって行動しづらくなるのは当たり前。

失敗することだっていくらでもある。

でも、人間は成長の過程で必ず初めてのことにチャレンジし続けています。

例えば、赤ちゃんのとき歩いたことがない状態から歩くことにチャレンジして歩けるようになったり、自転車に乗れない状態から練習して乗れるようになったり、字が書けない状態から練習して書けるようになったり…

あなたもこういう経験されてますよね?

赤ちゃんのときにできていた新しいことへのチャレンジが、今のあなたにできないなんてことはないと思います。

少しずつでも行動して実感を得ていきましょう。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら