あがり症とは、以下のような場面で過度に緊張してしまい、声が裏返る、頭が真っ白になる、汗をかく、顔が赤くなる、手足が震えるといったことが支障をきたすレベルで起こる症状です。

  • 人前でスピーチする
  • 会議で発言をする
  • 好きな人に会う
  • 権威のある人(教授、役員、社長等)と話す
  • 面接を受ける

さらに、赤面や手足の震えが「変に思われるのではないか」という不安によってひどくなったり、激しく心臓が鼓動するほどに心拍数が高まったりする二次的な症状にも発展します。

特定の場面でのみ症状が出ることから、学生時代より社会人になって困る人の方が多いです。

軽度と重度の差が激しく一括りで考えると間違った対処をしてしまうので、軽度と重度にわけてそれぞれの対処法を記載しておきます。

軽度あがり症

人前で少し顔が赤くなって気にはなるが問題なく話ができる。もともと話すのが上手くコミュニケーションに問題を抱えてはいない。

すでに高い基準に到達しているにもかかわらず、さらに高い理想像を追い求めてなるケースが多いです。

具体例

  • 人前で話す仕事をしているがどうしても苦手な気持ちがある
  • 講師の仕事をしているが赤面してしまうことがあって悩んでいる
  • 人付き合いは問題ないが、いざスピーチとなると緊張してしまうところがある

対処法

  • あがってしまう場面で成功しているイメージを事前に準備しておく
  • アファーメーション
  • 市販の本を読んで知識を得る
  • 話し方教室に通う
  • 落ち着けるおまじないを考える

重度あがり症

人前で顔が赤くなったり、手足の震えが出る。人によってはどちらかしか出ないケースもあります。

緊張度合いが異常に高く、頭が真っ白になったり、一度あがってしまうとコントロールできず自分で落ち着かせることができない。

普段からコミュニケーションに問題があり、人付き合いが苦手、他人に合わせて生きているタイプがなりやすいです。

具体例

  • 朝礼の1分間スピーチで赤面して手が震えるので自分の順番が回ってくるのが憂鬱
  • 結婚式で手足が異常に震えて招待した家族や友人に笑われた
  • 会議での発表など自分が発言することで注目を浴びる機会を必要以上に避ける

対処法

  • あがる場面でいつも自分がなる状態をできるだけリアルにイメージして、その状態でできる限りのことをしているイメージをしておく
  • カウンセリングを受ける
  • 自信を積み上げていく

逆効果になる対処法

  • あがる場面での成功イメージをしておく
  • 話し方教室に通う

あがり症は対人恐怖症の一種ですが、軽度の場合は対人恐怖症とは言えないくらいの症状です。

しかし、重度の場合は対人恐怖症としか言いようがないレベルですので、軽度の人と同じような対処法をやってしまうと悪化します。

自分が軽度か重度か、まずどちらに近いかを考えてみてください。

あがるのは不安との付き合い方が上手くいっていないから

例えば、1000人を前にスピーチをしてくださいと言われれば誰でも緊張するでしょう。

声が高くなったり、汗をかいてしまったり、言葉が出づらくなったり…

それでもなんとか乗り切れる人もいれば、逆に全く言葉が出てこない状態になる人もいる。

両者の違いは不安に飲まれているかどうかにあります。

「上手くしゃべれるかどうか」といった不安があったとしてもコントロール下に置けていれば問題は起こりません。

つまり、不安があること自体ではなく、不安がコントロールできていないことが問題だと言えます。

あがり症を改善していくためには不安と上手く付き合ってコントロールできるようになることが大切なんですよね。

あがり症で悩んでいた人が不安と上手く付き合えるようになった事例

以前、ある交流会に参加した際に、すごく話し上手でコミュニケーション能力が高い営業マンの方とお話する機会がありました。

営業として数字も上げておられる方で、その場にいる全員の前で堂々とスピーチもされていて話も面白く非を探すのが難しいくらいでした。

でも、実はその方、少し前まで人前で話すのがすごく苦手だったらしいのです。

その話を聞いたとき、最初はその場にいた全員が「え~、嘘でしょ」という感じで疑っていましたが、本当の話で人前で話すときに緊張して考えてきた内容を読み上げるのがやっとだったとのこと。

それがあるキッカケで、ほとんど緊張しなくなり、アドリブを利かせて自分らしく話せるようになったそうなのです。

そのキッカケとは何だったのでしょうか?

それは「自分は自分のままでいい、自分以上のことはできない」と気付いたことでした。

その答えを聞いたとき、私はすごく納得しました。

なぜなら、人前で緊張したりあがったりすることの原因が「自分以上の力を出そうとすること」だと知っていたからです。

実際にカウンセリングを受けていただいた方からもこの気付きで緊張しなくなったとお聞きしたこともあります。

「『自分は自分以上でもなく自分以下でもない』と思えるようになってから、すごく楽になりました」と言われていました。

ただ、この気付きは感覚的な部分であって、頭で理解しようとしてもなかなか難しいので、今回の話に出てきた営業マンの方はセンスがあったんだろうなと思いますね。

感覚がつかめれば自分を良く見せようとしたり、本当の自分を見せないようにしようとしたりといったことがなくなって、ありのままの自分を出せるようになります。

結果として、変に気を張ったり肩に余計な力が入ったりすることがなくなって楽になれるのです。

自信が無いからと本当の自分を隠したり、感情を抑え込んだりすることは、「相手にバレないかどうか」という余計な不安を生み出してしまいます。

でも、少しずつ自信を積み上げたり、感情を表現していくことをやっていれば、今回のようにある一定の時点を越えたときに感覚をつかめるようになって、自分を出せるようになれます。

今回ご紹介したお話は、たぶんあなたも頭では分かっておられることでしょう。

それをいかに自分の感覚として気付いてつかめるかが、対人恐怖症克服へのカギとなるのです。

あがり症の原因は?

「自分を大きく見せたい」「良く思われたい」「欠点を隠したい」等といった気持ちが強く働くことが原因となっています。

根底には自信のなさがあり、自信がないからこそ、自分以上の力を出そうと変な力みが出て緊張してしまう。顔が赤くなる。手足が震えてくる。ということが起こってしまうのです。

無理をしすぎてオーバーヒートしてしまっているんですよね。

失敗を繰り返すことで「またあがってしまうのではないか」と思う予期不安の影響も大きいです。

また、赤面や手足の震えを気にしすぎて「赤くなっちゃいけない」「震えを止めなきゃ」と思うことで、人間の本来の生理現象までも排除しようとして余計に悪化していくケースもあります。

あがり症を克服していくために

都度、対処法で乗り越えていく方法もあるのですが、根本的な解決にはならないためあがってしまう場面で毎回苦しみます。

まずはあがってしまう原因が何なのか、あがってしまうとなぜ自分で止められない状態になってしまうのかといった部分を専門のカウンセリングを受けながら気付き、自信を取り戻していくことによってあがり症を根本的に克服していくことができます。

あがり症改善のポイントは以下の通りです。

  • 自分自身の性質や傾向、感情の動きを知る
  • 感情表現をして不安などの感情を受け止める器を大きくする
  • 責任の所在を明確化、自分でコントロールできることできないことを知る
  • 理想(固定観念)と現実のギャップを埋める
  • イメージの修正による準備~成功体験を重ねて自信をつける
  • 普段から他人ではなく自分基準の習慣を形成、目的意識を強化する

軽度の場合、限定的な症状であるため話し方教室や自己啓発セミナーに参加して乗り越えようとされる方もおられますが、余計にあがりへの意識が強まって悪化してしまうケースもありますので慎重に判断して下さい。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら